「カンペ読んでるみたい」フジ『HEAT』初回6.6%惨敗も、EXILE・AKIRAの“棒演技”に熱視線!

heat0708.JPG
フジテレビ公式サイトより

 7日にスタートした連続ドラマ『HEAT』(フジテレビ系/火曜22時~ ※初回2時間SPは21時~)で主演を務めるEXILE・AKIRAの“大根ぶり”が話題だ。

 同作は、AKIRA演じる不動産会社のエリートビジネスマン・タツヤが、街を買収するために素性を隠し、消防団に入団する人間ドラマ。関西テレビ制作のオリジナル脚本で、共演は栗山千明、佐藤隆太、SMAP・稲垣吾郎、田中圭ほか。放送前から続編映画の製作も発表され、同局の期待感も高まっていた。

 しかし、初回平均視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗。同時間帯のバラエティ番組に大きく引き離されたほか、同日スタートした西内まりや主演ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系/火曜22時~)の9.4%にも及ばなかった。

「“棒読み演技”で知られるAKIRAだけに、キャストが発表された時点で主演起用に違和感を覚える視聴者は多かった。始まってみると、案の定、昨年放送の『GTO』の演技からなんら進歩がなく、セリフはカンペでも読んでいるかのように棒読み。さらに、脇を固める俳優陣の演技力が高いため、『GTO』以上にAKIRAの棒ぶりが目立っていました」(テレビ誌記者)

 同作のキャストが発表されるやいなや、ネット上では「なんでAKIRAは、いつも主役になれるの?」「EXILEのドラマって、誰が評価してるの? なんで次々と始まるの?」「このキャストなら、どう考えても佐藤隆太が主役だろ」といった声が相次いだ同作。だが一方で、初回放送後には「AKIRAの演技が上達してなくて、よかった」「安定のEXILEクオリティ!」「コレコレ♪」「期待通り」とポジティブな声も少なくない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク