芸能界は甘くない?

「加藤浩次も淳も騙されてるだけ」山本圭壱、“やっつけ一日店長商法”に吉本関係者ブチ切れ

2015yamamotofukkatu_new.jpg
こりゃとんだ道化の顔だよ

 今月5日に都内で行われた加藤浩次のコントライブに、飛び入り参加した山本圭壱。おぎやはぎ・矢作兼の呼びかけによって登壇した山本が、加藤から「まず謝れ」と振られて謝罪したことが一斉に報じられた。今年1月には、東京・下北沢で単独のお笑いライブを開催し、いよいよ芸能界への本格復帰も近いとみられているが、かつて所属した吉本興業関係者は「絶対に復帰はさせない」と息巻いているという。

 山本は7日にも、都内の居酒屋「手羽先番長」で、一日店長を行っていたという。この情報は宮崎サンシャインFMで放送されている自身のラジオ番組で告知されており、当日は山本の姿を一目見ようと、一般ファンも駆けつけたという。

「ところが山本は、開店後わずか1時間程度でサッサと帰ってしまい、夕食時に訪れたファンたちは肩透かしを食らってしまいました。一日店長という触れ込みなのに、挨拶とサインだけを済ませて“バックレた”とあって、客席からだけでなく店員も怒りをあらわにしていたようです」(週刊誌記者)

 下北沢でのライブの際も、自らの手でビラ配りをしていたというが、ものの数分程度で終えてしまったという山本。それでも加藤をはじめ、ロンドンブーツ1号2号・田村淳や品川庄司・庄司智春、ペナルティ・ワッキーら吉本の同僚芸人からの復帰ラブコールは絶えない状況だが、肝心の吉本サイドは“復帰NG”を掲げているようだ。

「山本はいまだに『極楽とんぼ』の肩書きを使い続けているのですが、過去の栄光で食いつなごうとしているのは明らか。山本のタニマチや関係者は、フジテレビの『めちゃ×2イケてるッ!』やその派生ネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』での復帰を画策しているのかもしれませんが、筋を通さない人間を見逃すほど芸能界は甘くない。何の謝罪もないままで出演情報が耳に入ってくれば、吉本は全力で阻止しますよ」(吉本関係者)

 そして、さらに関係者の怒りを増幅させているのが、山本自身から「復帰したい」という意思が感じられない部分だという。

「山本のバックにいる人間は、客寄せパンダとして彼を囲い続けているのでしょうが、本人としては『適当に小遣いもらえる今の状況で十分』なのでは。一日店長だって、たかが1時間のやっつけ仕事で10~20万円のギャラが発生しているようだし、女遊びもやり放題とあって、山本は現状に十分満足しているように感じられます。加藤も淳も、ハッキリ言って山本に騙されているだけですよ」(同)

 古巣へのみそぎどころか、ついには見放されてしまった山本の行く先は――。

山本に対する吉本と一般人の温度差がヤバい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー