サレ夫たちが知りたがる「不倫した妻の気持ち」

 小町では妻による“夫が不倫した”相談がポピュラーだが、たまに夫による“妻が不倫した”トピも投稿されることがある。夫に不倫された妻(いわゆる“サレ妻”)のトピを読むと、タイミングを見計らって離婚したり、また「今回だけなら許す」と見逃したり、証拠をつかむために泳がせたりと多種多様であるが、小町における“不倫された夫”(サレ夫)はどう振る舞っていることが多いだろうか。

『妻が不倫していました』
『妻が不倫してました』
『妻の不倫で離婚のダメージ』

 はい、上から順にトピ主たけさん(45)、としさん(32)、けいさん(年齢不明)。いずれも妻に不倫された男性が今年トピ立てしたものだが、タイトルもトピ文の憔悴・混乱ぶりにも共通項がある。ひょっとして同一人物か? という疑いを当然持ち、じっくり読んだが、どうも詳細は違う様子。

 たけさんは妻との間に子供が3人いる(大学、社会人、高校生)。妻の不倫が発覚し「その後、妻は相手の男と別れてきたと言ってきました。しかし、気持ちはその男にあると言っています」という。

「寝ていても毎日 フラッシュバックのように写真やメールの内容がよみがえり疲れてきました。 本当につらいです。好きなのにあきらめて離婚をするのか 妻の気持ちが相手にあるのを知りながら いつか  を信じてこの生活をするか迷っています」(原文ママ)

 読点が突然空白になっていたり、なんだか見るからに不安定なトピ文だ。トピ主レスはない。

 としさんは調査会社の調査により妻のW不倫が発覚し「もう離婚しかないと思い妻に話すと離婚だけはやめてくれと言います。弁護士に依頼し相手と妻に慰謝料を請求し様と思います。」と、これまた誤字もあり、取り乱している様子。

「とにかく妻とは一緒にやってられません。妻には実家に帰る様に言いました。私は離婚できるでしょうか。それと精神的に非情に辛いです。今後どういったケアをしたらいいでしょうか。フラッシュバックがきついです。」

 なんと、としさんもフラッシュバックに悩んでいる。トピ主レスでは妻と話し合いをしたことを報告しており「妻にどうして不倫などしたのか尋ねました。向こう(不倫相手の男)から誘われて魔がさした、貴方に不満があったわけじゃない、興味があった、お酒も飲んでたと言われました。どう返答していいかわかりませんでした。人間過ちは犯す事がある、でも許容できる範囲を超えていると思いました。」

 “魔が差した”にしては一度限りの行為でなく、調査会社が突き止め夫に追及されるまで継続していたのであるから、これはたぶん女の言い訳であろう。結局弁護士を立てて調停へと動き出すことになった。としさんは「夜考え込んで眠れないのはさすがに苦しいです」と、苦しさを抱えながら離婚へ踏み出したようだ。

 けいさんはすでに半年前に離婚をした。「結婚1年交際4年、信頼していましたが最後本当に信じられないくらいの表情で居直りこんな本性だったとは 思わず物に当たってしまいました。慰謝料は分割で相手の方は既婚で相手は妻にばれておらず慰謝料でどちらも終結させました。」と、これもまた読点のない報告文であるが、不倫が発覚した際の修羅場が想像でき恐ろしい。

「半年たった今でもフラッシュバックしてきます。情けない事に妻の不倫のダメージは相当大きいです」

 なんと、けいさんもフラッシュバックに悩んでいるという。三者三様なのに、まったく同じ表現を使うのだから、さすがに筆者も驚いてしまった。

トピ文では経験者からのアドバイスを求めており、若干のコメントが集まったのち「家族にも友人にもこんなに苦しんでる姿は見せれません、小町に書かせてもらって吐き出させてもらって少し楽になりました」とトピを締めていた。

『不倫した妻にモラハラで訴えると言われました』

 30代半ばのトピ主には同年代の妻と小学生の子供が2人いるが、このほど妻の不倫調査を調査会社へ依頼したところクロだった。相手は元同僚で妻より4歳年下の独身だという。妻には「子供の為にも離婚はしないが、相手の男にそれなりのものを請求すると話したところ、タイトルのことを言われました」という。また一昨年、すでに妻から離婚を切り出されてもいるのだという。その理由は「私のモラハラでした。私が妻の人格を否定したり、容姿を貶めたり、義実家とのトラブルを傍観していたことなどが理由です。全く無自覚でしたが、妻が離婚を考えるほど辛かったという事実を知り心から謝罪し、やり直せるように努めていた矢先でした」。まあ、離婚を切り出した時点で妻の気持ちは離れてたんだろうなぁ……。

 妻によれば「離婚したいと言ったのは、彼と一緒になりたかったから。しかし、モラハラが原因で愛情が冷めたのが先でその後彼の事を好きになった」「改心しようと努力してくれていることは分かるけど、辛かった期間が長すぎて、すぐに気持ちを戻すことが出来ない。辛かった期間ずっと自分を支えてくれた彼の方に気持ちがある」とのこと。うんうん、分かる分かる。妻は、もしトピ主が男に慰謝料など請求するなら、逆にトピ主をモラハラで訴える準備はできているとも。「ここまで離れてしまった妻の気持ちは、もう戻らないのでしょうか」という相談だ。うんうん、そうだね……もう戻らないよね普通……。

案の定、コメントの多くが「妻の気持ちはもう戻っては来ない」といったものだった。どちらが悪いのかという点においては「喧嘩両成敗」「どっちもどっち」というコメントが多々。さらに「今、強引に離婚しないのは彼を逃がすためです。これからの婚姻中の数年は(離婚の)準備のために使う気ですよ」というコメントも寄せられた。

 妻に対しては「母性を捨てて、完全に女を取りましたね。最低」というコメントもあるが、父親が不倫した時『父性を捨てて』など言われないのに、なんなんだろう……と少々イラッとする。トピ主レスはない。

『不倫した妻の言動』

 トピ主は離婚した元妻に言われた言葉が今も、魚の小骨のように喉に引っかかっており、小町に相談を投稿したようだ。元妻の不倫が発覚した際、元妻はトピ主に「あなたも遊んで来ていいよ。おあいこになるから」と言った。この言葉をいまだにトピ主は咀嚼できないのだという。

「これって、私の事好きって感情など微塵も無く、自分可愛いだけですよね?

本当に好きなら、相手に他の異性と遊んで来てなんて言えないですよね?」

小町の皆さんの意見を聞いてみたい、という相談だ。

コメントはというと、

「残念ながら好きって感情が微塵もないだけに思えます」

「そもそも女性が浮気するということは 夫のことは、もうどうでもいいと思っている場合が多いので たとえ夫が何をしようと、何とも思わないってことなんですかね」

「自分が既婚者だからと感情を抑えようとしても その時の夫婦間の状態で揺れたりするものです」

「女性は好きな人がいたら『浮気』なんてしないでしょう。『どっちも好き』ってあまりないような…」

 確かに筆者も“どっちも好き”はあまりない。もう元妻は気持ちがなかったんだろうなぁ……。「不倫女の発想は、同じ女性だけど理解不能です」という意見もあった。

 女性の場合は離婚したくても経済力が夫より劣る場合がままあるので、そう簡単に離婚には踏み切れないだろう。これまでのトピでも離婚に応じない不倫妻がいたが、経済的な背景があるのかもしれない。また妻に不倫された夫はよく調査会社を使っていたが、これも経済力ゆえだろうか。
(ブログウォッチャー京子)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク