[ジャニーズツッコミ道場]

“心のレギュラー”嵐・二宮和也のグチに垣間見た、『PON!』とジャニーズの幸せな関係

ninomiyakazuya0111111.jpg
最近、喩え話の腕がまた上がった二宮

 ジャニオタにとって必見なのに、ローカル局という壁に阻まれてしまう残念な番組が、いくつかある。

 例えば、関ジャニ∞ファンにとっての『ジャニ勉』(関西テレビ系)や、Hey!Say!JUMPファンにとっての『スクール革命!』(日本テレビ系)などが代表例だが、ジャニオタ全般に「全国放送にしてほしい」と切望されている意外な番組がある。『PON!』(同)だ。

 ジャニーズが番宣で日テレの各番組に出まくるとき、この番組は不思議と「休憩場所」「清涼剤」のような存在になる。ローカル番組であるユルさ、ますだおかだの岡田圭右とビビる大木の交代制という司会のユルさもあるだろう。また、スタッフやリポーターがコメント取材で何度も足を運び、親しくなっていること、番組全体のアットホームな空気もあってか、番宣漬けで疲労したジャニーズの面々が、この番組ではかなりリラックスした素顔を見せる。

 なかでも、「心のレギュラー」を公言している嵐・二宮和也とは昵懇の関係で、これまでもイベントで「PON!」のポーズをしてくれたり、マジックを生披露したり、深い関係性が多々見られた。

 そして、7月2日に二宮が独占インタビューとして登場した際には、とうとうこんなグチをこぼしていたほどだ。

「会見とかイベントのときに、いっぱい俺にカンペ出すのやめて。周り見たことある? 『PON!』だけだよ。ずっとああやってるの」
「会見のときに、『誕生日おめでとう‼』とかずっとカンペ出してるの」
「授業参観で、自分のおふくろがスゴくはしゃいでる感じなの。周りの人たちも『誰のお母さんだ?』みたいな感じがするんですよ」

 スタッフたちにとって、こんなご褒美はないだろう。二宮の口からこんな言葉を聞けるなんて、もう垂涎、うれションレベルのディスられ方である。

 バラエティ番組での、バブルの香り漂う、タレントとスタッフの内輪ウケは近年では嫌われることも多いが、そうしたノリとは明らかに違う。トゲのあるイジリではなく、相思相愛の幸せな関係性だからこそ、ジャニーズの素顔が見られる、大事な休憩場所なのだろう。
(田幸和歌子)

『PON!』へのグチをオタに置き換えてみようか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー