[連載]ここがヘンだよ子育て本!

頑張るママたちを追い込む、意識低い系育児・松嶋尚美の天真爛漫さ

jumarara.jpg

【第4回】
松嶋尚美『松嶋尚美のジュマ&ララdiary』(ワニブックス)

<総合評価(10点満点)>
意識低い度 ★★★★★★★★★
昭和ジェンダー度 ★★★★★★★★
潔さ ★★★★★★★★★★

【寸評】

 誰もがみな「気楽に子育てしたい」と願っている昨今。ママ向け雑誌も頑張らない育児を流布することに余念がない。しかし社会に長らく根付いた“良き母親圧力”はそう簡単には跳ね返せない。そんな「気楽な子育て」を頑張ろうとする意識高めな母親たちを、軽く飛び越えていくのが、元オセロの松嶋尚美である。

 『松嶋尚美のジュマ&ララdairy』は、36歳で結婚、40前で長男・珠丸(じゅまる)、40過ぎて長女・空詩(そら)を出産した松嶋の妊娠~出産、子育てについて書いたブログをまとめたもの。松嶋のあっけらかんとした生き方に共感する母親は多い。しかしそれと同じくらい、松嶋に対してキリキリした思いを持つ層がいるのも事実だ。

 高齢出産となった女性に多い理念系育児に陥ることもなく、炎上を恐れるあまりに各方面に気づかいしすぎることもなく、「めっちゃ子どもかわいいねん!」と関西弁で呑気に語る日常。“意識低め”とも言うべき松嶋流子育ては、“頑張らないを頑張る”ママを無意識のうちに追い詰めていく。おそらく元相方・中島知子が抱いていただろうやるせなさに意識高めママたちがシンクロする、“罪やねんな~”な1冊。

*******

■「私がしたいこと」が正義

 「○○歳で結婚、△△歳で出産、仕事のことを考えたら間を置かずに2人目を……」。女の20代、30代は、自らが立てた人生の設計図との戦いの日々ではないでしょうか。妊娠・出産(とそれに伴うタイムリミット)が、ことさら女に逆算の人生を歩ませようとします。できれば3人欲しいけど、現実的には2人か、いや1人かもしれない、もしかしたら子どもはいないかも……年齢的にも経済的にもそうそう子どもは産めません。だからこそ、出産を人生の設計図にしっかりと組み込み、悔いのない子育てをしたいと願うもの。

松嶋は「炎上すら気にならない」という神業を持ってるから~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー