フジ上層部が焦りまくり!

AKIRA主演『HEAT』大爆死で映画化が白紙に!? EXILEメンバー続々投入のテコ入れも

2015heat.jpg
『HEAT』(フジテレビ系)公式サイトより

 EXILE・AKIRA主演のフジテレビ系連続ドラマ『HEAT』の視聴率が“大爆死”している。7月7日の初回放送は、平均視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と惨敗し、14日放送の2話は3.9%を記録し、早くも打ち切りがウワサされている。

「『HEAT』が放送される、フジの火曜夜10時枠は、かつて『チーム・バチスタ』や反町隆史版『GTO』を生んだ伝統ある枠ですが、最近では、前クールのAKB48・渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』が視聴率低迷を理由に打ち切られるなど、目も当てられない状況です。しかし、『HEAT』の低迷は、放送時間帯の問題以上に、かねてから指摘されているAKIRAの“棒演技”によるところが大きいようです」(番組関係者)

 そんな大惨敗の『HEAT』だが、放送前から映画化が決定していることも話題になっている。ネット上では「今からでもやめた方がいい」という声が出ているが、「フジ上層部も慌てて今後の方針を練り直しているそうです。ヘタすると映画化が白紙に戻ることも考えられます」(同)という。

「かつて松竹が、故・渥美清さんの『男はつらいよ』シリーズに続けと、人気コミック原作の『築地魚河岸三代目』(小学館)をシリーズ映画化すると、第1弾公開前に発表したことがありました。しかし、第1弾が空前絶後の大コケを記録し、第2弾の製作が実現しなかったこともあります。『HEAT』も同じ道をたどることになってもおかしくありません」(芸能記者)

 また、『HEAT』にはもう1つの懸念点もあるという。2013年、川口春奈主演ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)が記録した今世紀民放連続ドラマ最低視聴率3.0%を下回ることになると、「俳優業に続々とメンバーを進出させているEXILEグループの看板にも傷がつきかねない」(芸能プロ関係者)ようだ

「EXILE=低視聴率グループということになりますからね。相当焦っているようです。テコ入れのために、『HEAT』に人気メンバーをなりふりかまわず投入するプランも浮上しているそうです」(同)

 そのテコ入れによって、余計に傷口が広がらなければいいが――。

フジ火曜10時の暑苦しさは限界に!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク