即効性に感動! サロン脱毛vs医療脱毛、両方の経験者による本当のオススメ

 梅雨の肌寒い日が続いていたと思いきや、一気に30度超えの暑い日が増え、いよいよ夏の雰囲気が感じられてきた今日この頃。夏といえば水着やノースリーブ、ショートパンツなど露出度の高いファッションが増えますが、そこで気になるのがムダ毛の処理。皆さんはどのように対処していますか?

 私は、手足はカミソリでの自己処理ですが、ワキ&Vラインは6年前に脱毛サロンでの施術を開始し、3年前に完了させました。いまでこそ脱毛サロンでのワキ脱毛は数百円で施術可能だったりと低価格になってきていますが、私が脱毛を開始した6年前はワキ&Vラインそれぞれ1万円でした。それから3年間、2カ月に1回のペースで施術を受けていたのですが、効果を感じ始めたのはスタートから2年近く経ってから。ほとんど毛が生えない状態になるまでは3年かかりました。長い道のりです。

 しかし、脱毛完了から2年……毛が復活。復活したといっても、脱毛前のようなしっかりした黒くて太い毛は生えてこないのですが、それでも週に3回はカミソリで剃らないと気になるレベルです。特に夏は、半袖を着ていてもワキがチラリと見えてしまう場面もありますからね……。

 毛の復活を機に、私はもう一度脱毛サロンに通うか、美容皮膚科で行っている医療脱毛をするかで悩みました。サロンはリーズナブルなので気軽に通えます。しかし、また年単位で通わなければならないのはかなり億劫。一方の医療脱毛は、値段こそサロンよりも高額ですが、ネットの口コミなどを見ると「1回でも効果が感じられる」と即効性が期待できるようです。悩んだ末に、私は医療脱毛に挑戦しました。

 私が選んだのは、自宅の最寄り駅の駅ビル内にある美容皮膚科で、都内に4店舗ほど展開しているところでした。とりあえず、ワキのみの施術を受けて、お値段は1回6千円ほど。18回で1万円だったサロンに比べると、やはり高額ですね。

 実際の施術は、サロンよりも痛みがありました。ただ、施術時間は体感で左右それぞれ1分ほどと短かったので、個人的には耐えられる範囲の痛みです。その皮膚科のスタッフによれば、「月1回のペースで3回ほど通えばほとんど毛の処理をしなくて済むようになるはず」とのことでした。これを聞いた時には「たった3回で?」と、にわかには信じられませんでした。

 しかし、施術から1週間経過しても、全く毛が生えてきません! 1カ月近く経った頃に、細い毛が2、3本生えてきた程度です。現時点で2回通ったのですが、いまではワキは処理しなくても問題なし。たった2カ月で自己処理がいらなくなるなんて、サロン脱毛にかけた3年間は一体何だったのか……。こんなに即効性があるならと、全身医療脱毛をするか検討中です。

 元々毛の薄い方や、時間がかかってもいいから安く済ませたいという方ならサロンでも十分かもしれません。ただ、サロンと医療、両方の脱毛を経験した者としては、脱毛したい方は一度でいいので医療脱毛をやってみてほしいと思います。医療脱毛の回し者ではありませんが、あの劇的な効果をぜひ体験してもらいたいものです!
(リオネル・メシ子)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに