半年間毎日連絡を取って、会えたのは2回…彼の気持ちがわかりません

●Mミ(29)

はじめまして。初めて投稿させていただきます。私には半年前に飲み会で知り合ってから、毎日連絡を取り合っている2歳下の男性がいます。普段はめんどくさいのでメールを長く続けられないのですが、彼とはとても楽しくて続けていたいと感じます。しかし、その間に会ったのは飲み会の日を除いて2回だけです。いつも私からご飯に誘い、「また行こうね」と言ってはくれるものの、「仕事が忙しいから」となかなか会える日を提示してくれません。

私は彼のことを好きになってしまったのですが、彼には結婚願望がないらしく「結婚適齢期の女性とは付き合いたくない」と言っていたので私の気持ちはバレないように隠しています。

そんな彼が、なぜ毎日私に連絡をくれるのか不思議でなりません。一度、彼の仕事がすごく忙しそうだったので、「落ち着いたらメールしてね」と身を引いたのですが、「気遣いありがとう、でも大丈夫!」と普通にメールを続けてくれました。

彼は私のことをどう思っているのでしょうか? ただの暇潰しの相手なのでしょうか?

―――

Mミさん
ごきげんよう。汚(お)ブス研究家のKENJIよ。

「暑いですね〜」が挨拶になりつつある今日この頃。
いかがお過ごしかしら。

そんな、お暑い中……
殿方とのメールラリーでアツくなるのは……携帯電話とアナタの気持ちばかり。
携帯電話と心の充電が一気に切れそうだなんて、儚いわ。

そんな熱々の電話なんてドブ川にでも捨ててしまいなさい!!

思いを寄せる側の頭の中は意中の殿方でいっぱいよね。
「殿方の連絡まだかな〜」
「殿方は今日忙しいって言ってたな〜」
「殿方は私のことを40%くらいは好きになってくれたかな〜」
「惚れた弱み」とは言うけど、この状況って疲れちゃうわ。

殿方がアナタのことをどう思っているかですって!?
そうねぇ〜。スバリ、コレじゃないかしら!?
「都合がいいだけのオンナよ!!」

まずは、毎日メールする時間はあるくせに、忙しさをアピールしてくる殿方に……
KENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!
「ただ、時間を作るのが面倒なだけでしょうが!!!!」

その殿方の毎日を想像してみて?

7:00 植物の水やり
7:30 朝食
8:10 出勤
8:40 出社
9:00 朝礼
10:00 ◯△商事打ち合わせ
12:00 ランチ
13:00 営業
15:00 ドラッグストア(購入品:詰替えシャンプー)
……こんな生活を送ってるんじゃないかしら?

優雅!?
毎日他愛もない連絡をしてくる時点で気づいてたけど……なんだか女々しいのよ!!
プライベートと仕事の時間をごっちゃにしちゃっているんじゃない?

そもそも、20代後半で「忙しいアピール」をする人っていかがなものかしら。
本当に忙しいのかもしれないけど、要領が悪いだけって可能性もあるわ。
だけど……
本当に会いたい相手だったら、忙しい中でもスケジュールを調節するでしょう。
時間は自分で作るものなのよ。
半年間で2回しか会えないのに毎日メールを返信してるアナタは、殿方の都合のいいオンナに成り下がろうとしているのよ。
ただそれだけのこと。
恋心って、自分の生活環境や性格まで変えてしまう“魅惑のスパイス”なのよ。
だから、あまりのめり込みすぎてはいけません。

そんなアナタには、コレよ!
KENJI美タミン注入〜!!!!
「ゴリゴリの誘いメールは二度と送らないこと」

「傷つくのだけはイヤだけど、どうしても好きになってしまった以上は諦められません!! どうすればいいですか?」
ってアナタからの心の声が聞こえてしまったの。
コレだけは覚えておきなさい。

殿方は、アナタの気持ちに気付いているわ!!

アナタが、好意を寄せているのは百も承知よ。
だから、
「結婚適齢期の女性とは付き合いたくない」
なんて失礼なメールを送ってくるのよ。
ふざけんじゃないわよね。

でも男って、自分に好意を持ってくれていた人が急に冷たくなると……
なんだか焦り出すのよ!
ちょっと連絡を取るのを止めてみてはいかがかしら?

【メールが返って来なくなった時の殿方の気持ち】
「今日は連絡ないな。いつもこの時間には連絡があるのに……」
「あれ、今日もない」
「あれ、何かしたかな」
「どうしたんだろう」
「よっ! 元気!?」
……なんて脈略のない連絡が来たりするのよ。

結局のところ「忙しいアピール」をする男にとって、自分の時間は自分だけの物なの。
自分のスケジュールを他人にいじられたくないタイプなのよね。
だから、もしアナタが「彼って優しいな」と思っていたとしても、実はもうどこかに彼の自己中な面が表出しているかもしれないわよ。
今後、この恋が上手く転がったとしても気をつけなさいね。
応援しているわよ。

KENJI拝

■KENJI(汚ブス研究家)/女子会に年間400回以上呼ばれる社長。その経験から、「思いやりのない人」、「ブスッとした表情の人」、「隙だらけの人」を“汚ブス”と称し、年間2,000人以上の女子たちを切る「汚ブス研究家」としての顔も。2014年には、「女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条」を出版。ほかにも、そのニューカマーなおネエキャラで、テレビ、ラジオ、雑誌、Webなどで活躍中。現在、FBS福岡放送「クロ女子白書」にレギュラー出演中。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク