日韓出会い系サイトが相変わらず盛況! 出会っていきなりソウルで同棲も

 韓国人男性との出会いを求める日本人女性から依然として人気が高いのが、日韓出会い系サイト。日本の出会い系は怪しすぎると見向きもしない女性たちが、なぜか日韓出会い系になると途端に警戒心が薄れる。口ではみんな「韓国語の勉強相手がほしいだけ」とか「こっちも全然本気でやってないしー」とか言ったりするが、実はけっこう本気で運命の出会いを期待していたりするのも事実。で、ころっと騙されてしまうこともあったりする。

 今回紹介するのは、日韓出会い系サイトで出会い1週間後に福岡でデートし、1カ月後には韓国人彼の暮らすソウルの家で同居生活を始めた、元金融系OLナツキさん(38歳)のお話。

 ちなみに同居を始めるまでにナツキさんと彼が会ったのはたったの1回。福岡でお茶した数時間のみ。2人はカタコトの日本語とカタコトの韓国語で会話しているが、ナツキさんがいうには「ほぼ会話は成立していません」とのこと。

「顔写真が誠実そうだったのと、『公務員試験に向けて勉強中』という紹介文が気に入って彼とやりとりすることにしたんです。年齢は10歳下の28歳。私は32歳と嘘をついていたんで、4歳違いですね(笑)。彼が1週間後に福岡に遊びに来る予定があると聞いて、これも何かの縁かなと、福岡で会う約束をしました」

 とナツキさん。ちなみに彼女が暮らすのは岐阜県! もちろん会いに行けない距離ではないが、サイトでちらっとやりとりしただけの相手に会うにしては、なかなかの距離である。

「メールのやりとりをしているうちに、すごく距離が近い感じがしてきて、不思議なぐらいに会いたい気持ちが増すんですよ。彼氏もいないし、男友だちもいない私は、ふだんあまり男の人とメールのやりとりをすることもなかったんで、舞い上がっていたのは確かです。待ち合わせた天神駅で彼の顔を見た瞬間、恋に落ちました(笑)。はっきりいって顔はブサイク。でも笑顔がステキだったのと、マナーがあって、カフェでドアを開けてくれる姿にときめきました」

◎会いたい気持ちに火が点いて

 待ち合わせには彼の友だちの日本人男性もいた。韓国語が話せるその日本人男性のおかげで、カフェでも話が弾んだそう。

「カフェで会ったのは2時間ぐらい。その日以降メールのやりとりが頻繁になって、毎回『会いたい』『ボゴ シッポ(会いたい)』と書き合うようになり、すっかり恋人気分。私は彼と出会う少し前に仕事を辞めていて時間もあったので、自然と『今度は私がソウルに遊びに行くね』となりました」

 3カ月の短期留学を決心したナツキさん。福岡デートから1カ月後、キンポ(金浦)空港で再会したふたりは、「韓流ドラマみたいに空港で抱き合った」そうだが、「楽しかったのはその日まで(笑)。ここからまさか!! の連続でした…」と話すナツキさん。韓国滞在中はゲストハウスに泊まれるよう彼に手配をお願いしていたが、

「連れて行かれたのは彼が両親と暮らす家。それもソウルの中心地から地下鉄で1時間ぐらいかかる不便な場所。彼から『家での食事代やシャワー代で1カ月50万ウォン(約5万5000円)ください』と言われたときは、電子辞書の翻訳が間違っているかと思いました」

 そこでナツキさんは思い出す。たしか彼、サイトで出会ったときから公務員試験の準備中とは聞いていたけど……。

「それって要はプータロー。毎日家でゴロゴロしていて、福岡で会った彼とはまるで別人。彼の両親は私のことをどう思っているのかもわからないし、デートに連れて行ってくれるわけでもないし、語学学校が唯一の楽しい時間です」

 そんなナツキさんと彼の不思議な同居生活もまもなく3カ月。当初の予定では語学学校の授業も終わり日本へ帰るはずだが、

「今年いっぱいは韓国にいることにしました。日本に帰ってもやることないし、彼のことも嫌いなわけじゃないし。先のことは暮らしながら考えます」

 ちなみにナツキさんの最近のラッキーは、「居候代が50万ウォンから40万ウォンに下がったこと」だそう。

■韓 美姫/先日スーパーで買い物中のペ・ヨンジュンに遭遇。顔がまん丸、体も少しぽっちゃりしてたから二度見しちゃいましたけどww

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク