井上真央の経歴に傷が……

井上真央『花燃ゆ』、9.9%に転落……3度目の1ケタ記録に「一番盛り上がるところなのに」

150628hanamoyu.jpg
『花燃ゆ』(NHK)公式サイトより

 井上真央が主演を務める大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)が、6月28日放送の第26話で9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回視聴率は16.7%で歴代ワースト3位発進だった同作だが、15話の9.8%、20話の9.4%に続いて、3度目の1ケタとなってしまった。

 『花燃ゆ』は、幕末の長州藩士で思想家、吉田松陰の妹・杉文(井上)の波乱に満ちた生涯を描いているドラマ。一般的には無名ともいえる人物を主役に持ってきたことで、放送開始前から不安の声が聞こえていたが、初回は昨年のV6・岡田准一主演『軍師官兵衛』の18.9%を下回る16.7%のスタート。7話で11.6%の自己ワーストを更新し、その記録を塗り替えた20話の9.4%以降は、10~11%と低迷を続けていた。

 主演の井上は4月に行われた会見で「いろんな原因があると思うんですけど、主演である以上、私の力不足であるとしか言えない」と謝罪。ドラマの内容や演技よりも、最近では視聴率の行方に注目が集まっている状態だ。

「当初は東出昌大、伊勢谷友介、高良健吾が出演することから“イケメン大河”という触れ込みで始まった『花燃ゆ』ですが、21日の放送でお笑いコンビ・どぶろっくを登場させるなど、迷走ぶりが話題になっています。視聴者からは『淡々と話を流しているだけで、おもしろくない』『脚本が本当にダメ』と、酷評が目立つ有り様。沢尻エリカ主演ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)などの大島里美氏、『ナースのお仕事3』(同)などの金子ありさ氏によるオリジナル脚本ですが、28日、7月5日は前半の山場となる禁門の変が描かれるため、この低視聴率には『一番盛り上がるはずのタイミングなのに』と、呆れ声も上がっています」(芸能ライター)

 次週7月5日の27話では夫・久坂玄瑞(東出)を亡くし、12日の28話からは文が名前を“美和”と改め、毛利家の奥勤めをする「奥御殿編」が開始する。田中麗奈、松坂慶子らがキャストに加わり、主人公が女たちの戦場で奮闘していくという。

 放送終了まで残り半年を残している『花燃ゆ』だが、果たして今後は数字をキープすることができるだろうか?

マンネリ大河を打破しようとしたのが一番の失敗?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

井上真央『花燃ゆ』、9.9%に転落……3度目の1ケタ記録に「一番盛り上がるところなのに」のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! NHK・井上真央・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  2. “クズすぎる男性タレント”暴露
  3. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  4. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  5. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  6. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  7. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  8. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  9. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  10. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  11. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  12. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  13. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  14. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  15. 【告発】女優は映画監督に抱かれる。当たり前のように行われる乱交飲み会
  16. misono、ブログでノロケまくり
  17. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  18. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  19. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  20. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  4. マンガ『ヅャニーさん』38回
  5. キスマイ女性問題がネットに続出

カルチャーの人気記事

  1. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  5. 性被害は被災と同じくらい大変なこと

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  5. アンジーは人気者で、ブラピは嫌われていた?