• トム・クルーズの命知らず芸炸裂! 『ミッション・インポッシブル5』鑑賞券プレゼント
その他

トム・クルーズの命知らず芸炸裂! 『ミッション・インポッシブル5』鑑賞券プレゼント

mi5.jpg
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイトより

 トム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が8月7日から公開となります。なんとMIシリーズは今年で19年目。「……トム、まだまだ張り切ってるな」と思ってしまいますが、やっぱり見ずにはいられないのがこのシリーズのすごいところですね。

 ストーリーの詳細はまだ明らかにされていませんが、サブタイトルの「ローグ・ネイション」とは悪の国家という意味。CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”を指すそうです。彼らの暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFは、またしても解体の危機に陥ります。イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を破ることができるのでしょうか?

 本作のみどころは、なんといってもトム自身が「最も危険だった」というアクションシーン。毎回毎回危険そうなことばかりやっていますが、今回は、高度1,500メートル、時速400キロで飛行する軍用機のドアに張りつき、決死の侵入を試みるという驚くべきものだそう。もちろん前作のブルジュ・ハリファ登頂(823メートル)と同様、スタントをつけずに、トム・クルーズ本人が敢行しています。トムの命知らず芸も、円熟味を増してきましたよね!

 今回は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の劇場鑑賞券を3名の方にプレゼント。すごいのはスタントだけじゃありません。両手縛られ、上半身裸で大奮闘のサービスシーンもあります。53歳とは思えぬトムの肉体美……見たいような見たくないような、というモヤモヤした気持ちが芽生えたサイ女の皆さま、ご応募お待ちしてま~す!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー