番組ファン、マルシアに激怒!!

『ローカル路線バスの旅』、9.5%に視聴率転落! 太川&蛭子の再ブレイクがネックに?

150626rosenbus.jpg
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)公式サイトより

 太川陽介と蛭子能収のコンビが人気の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)。数年前から番組ファンが増えたことで、太川&蛭子のメディア露出が増えるなど“路線バスブーム”を巻き起こした番組だが、6月20日に放送された新作の視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタを記録。ブームもそろそろ落ち着くのだろうか?

 『ローカル路線バス~』は、同局で毎週放送されている「土曜スペシャル」枠の人気企画。しっかり者のリーダー・太川&マイペースな蛭子のコンビが、ゲストの“マドンナ”とともに、3泊4日で路線バスだけを乗り継いで目的地に辿り着くという番組だ。2007年に初回が放送された後はジワジワと人気が広まり、08年からは年に2回の放送に“出世”。11年・13年・14年は年に3回も放送され、この番組をきっかけに2人は注目を浴び、路線バスバブルを起こした。

「視聴率もメインの時間帯が13.2%(13年8月)、13.0%(14年1月)、12.6%(14年4月)など、1ケタの番組が多いテレ東にしては大ヒットコンテンツに成長しました。太川は番組で見せる牽引力が評価されて『ルイルイ仕切り術 人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ』(小学館)という本を出版し、昨年7月放送の『第37回隅田川花火大会』(同)の『屋形船ゲスト』には太川&蛭子コンビが登場しました」(芸能ライター)

 過去に放送した作品のDVDも4作発売されており、安定の人気を誇っていた同番組。ところが、6月13日放送の『「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」大感謝祭』は午後6時30分~7時までが5.5%、午後7時から放送終了までで7.7%と低視聴率を記録。森尾由美をマドンナに迎えた記念の第20弾(20日放送)は、6.4%(午後6時30分~7時)、9.5%(午後7時~放送終了)と、2週連続で1ケタにとどまったのだ。

「マルシアがゲストの19弾は12.4%を獲得していましたが、旅の中でマルシアが『歩きたくない』と文句をつけたりと散々な振る舞いを見せたため、3人の空気がピリピリしたものとなり、視聴者からは『マルシアが台無しにした』『態度がひどすぎ』と批判が上がっていました。太川は舞台、蛭子はバラエティなどで多忙になってしまったため、スケジュール調整が難しくなってしまったようで、20弾のロケも最近まで行われていなかったとか。番組ファンは『「路線バス」ロケが最優先じゃなきゃおかしい』『「路線バス」のロケはいつになるのか』と、落胆していました」(同)

 そんな中で5カ月ぶりの放送を迎えた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』だが、フタを開けてみれば2週連続で2ケタに届かず、テレ東としても期待外れの結果だったことだろう。次回の第21弾では、名誉挽回できるだろうか?

そろそろマドンナに邦ちゃん呼んで!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!