なんだかんだでキムタクのおかげ!

大島優子主演の『ヤメゴク』、6.2%の“大コケ”終了で「打ち上げも、かなりグダグダ」

2015yamegoku.jpg
『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)公式サイトより

 AKB48を卒業後、初めて連続ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)で主演を務めた大島優子。放送前は喪服を着て本格的なアクションに挑戦することが話題となっていたが、初回視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、全話の平均視聴率は6.2%と振るわなかった。

「TBSの社長も、会見ではっきりと、裏のSMAP・木村拓哉主演の『アイムホーム』(テレビ朝日系)が強かったと言ってましたからね。それにしても、『アイムホーム』が全話平均14.8%ですから、ダブルスコア以上の差で敗北した理由はほかにあるとしか思えませんけど」(スポーツ紙記者)

 数字は散々なまま放送終了した『ヤメゴク』だが、「打ち上げの段取りも悪くてかなりグダグダでしたよ。ここまで段取りが悪いのは、初めてだったかもしれません」(芸能事務所関係者)という声も聞こえてくる。

 その打ち上げの席では、主演の大島が場を盛り上げるのかと思いきや、中心にいたのは作品内で大島の相棒役を務めた北村一輝だったという。

「北村さんは、堤幸彦監督、田中哲司さんとチェッカーズを歌ってましたね。自分で『俺は北村フミヤだ!』って言ってましたよ(苦笑)。田中さんのことも、ずっと『由紀恵、由紀恵!』ってイジっていて、田中さんはずっと苦笑いしてましたね」(テレビ局関係者)

 それでも、ビンゴ大会には大島も北村も太っ腹な賞品を出していたようだ。

「主演の大島さんは旅行券40万円分、北村さんは商品券30万円分でしたね。視聴率がこれだけ悪かった作品にしては、2人とも出してる方じゃないですかね。現場の雰囲気も脚本も悪くなかったので、スタッフたちも『裏がキムタクじゃなければね』と最後まで愚痴をこぼしてしました」(番組スタッフ)

 とはいえ、裏に『アイムホーム』があったことで低視聴率の言い訳ができたのは、初主演の大島にとっては不幸中の幸いだったかも?

おっさんたちは楽しかったってことで一件落着

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  3. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  4. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  7. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  8. “○○が面倒くさい”芸能人
  9. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  12. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 清水富美加に教えたかったこと
  17. 「親の弱さを知る」意味
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. T-ara、日本公演が「空席祭り」危機

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!