マスコミ嫌いなんじゃ?

安藤美姫、恋人・ハビエルと初共演で公開イチャイチャも「テレビ嫌いなのに私生活売りひどい」

2015mikiinsta.jpg
安藤美姫インスタグラムより

 近年、“炎上タレント”と化している安藤美姫が、恋人のハビエル・フェルナンデス選手とともに、22日放送の『しゃべくり×深イイカワイイ合体SP』(日本テレビ系)に出演した。一部週刊誌に、「ハビエルにとって安藤との交際はお遊び」と伝えられたこともあったが、2人は今回の放送で終始“ラブラブアピール”をしたようだ。

 安藤はこの日、ゲスト出演したハビエルの“通訳”を担当。バラエティ初出演というハビエルを「お手伝いしにきました」と言いながら、交際報道について「はい」とキッパリ認め、その後もスタジオ出演者からの「どちらから交際を申し込んだのか?」「告白の言葉は?」といった質問を自らハビエルに振り、その回答を通訳する展開に。「最後にキスをしたのはいつ?」との質問には、安藤自身「皆さん知りたくないと思う……」と前置きしながらも、結局はハビエルに「50分前」と答えさせるなど、2人の“公開イチャイチャ”が続くこととなった。

 この放送内容について、ネット上では「ラブラブアピールしすぎで引く」「別れたときのことを考えてない」「このイチャイチャは誰得なの?」「ハビエルの好感度まで下がった」「テレビ嫌いって言ってたのに、私生活売りがひどい」などと批判が殺到。また「美姫のことですか?」と自らを名前で呼んでいたことに、「痛い」という声も出ていた。

「安藤はかねてから、インスタグラムにハビエルと長女・ひまわりちゃんの“親子風ショット”や、ハビエルと自身のメダルを並べた画像を投稿するなど、積極的に交際アピールをしてきましたが、ついにSNSからテレビへとステージを移すことに。スタジオでは、出演者からの交際をイジられて困っている様子の安藤でしたが、放送前、インスタグラムにツーショット写真をアップし、『私も通訳としてお邪魔させていただきます。皆様是非ご覧ください』とちゃっかり宣伝していました」(芸能ライター)

 2013年7月に大騒動となった“未婚の母”告白後、徐々にバラエティに進出していった安藤は、「自己中心的かつ一貫しない言動から、ずっとバッシングの標的になっています。ハビエルとの交際が発覚するのとほぼ同時進行で、結婚を約束していたはずの南里康晴元選手を“ポイ捨て”したことが伝えられるなど、異性関係のトラブルが常に絶えないこともバッシングの原因でしょう」(同)という。

 今回の共演で、ひとまず交際“疑惑”が解消されたことに、さぞ満足しているであろう安藤だが、今後破局したときのことなど一切考慮しない言動には視聴者も疑問を抱かざるをえなかったようだ。

自分を批判するテレビが嫌いなだけだもんね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー