面の皮が分厚すぎ!

上重聡アナ、不祥事の億ションにまだ居住! 日テレ内から「懲りてない」「さっさと退去を」の声

2015kamishigeana.jpg
『スッキリ!!』(日本テレビ系)公式サイトより

 今年3月30日より『スッキリ!!』(日本テレビ系)の総合司会者に抜擢されるも、わずか3日後に大不祥事が発覚した上重聡アナウンサー。靴の小売りチェーン「ABCマート」の創業者・三木正浩氏から多額の金を無利息で融資されていたなどと報じられ、一時は“即刻降板説”まで浮上したが、実質“お咎めナシ”に。日テレ側の対応が、視聴者の反感を招き、現在でも批判のやり玉に挙げられている。23日発売の「フラッシュ」(光文社)には、声を掛けた同誌記者に背を向けて逃げだす上重アナの写真が掲載されている。

 同騒動の発端は、「週刊文春」(文藝春秋、4月2日発売)のスクープだった。同誌はまず、2,000万円は下らないという英国製高級車・ベントレーで日テレに出勤する上重アナの姿をキャッチ。次に、上重アナの暮らす東京・港区のマンション最上階の部屋も、三木氏から1億7,000万円を無利息で借りて購入したものだと伝えた。

 報道を受けて、上重アナは2日に謝罪コメントを発表。翌3日の『スッキリ!!』生放送の冒頭では、報道について「プライベートな交友関係において」とした上で、視聴者に疑念を抱かせてしまったことを「深く反省しております」「大変申し訳ありませんでした」と謝罪したものの、大久保好男日テレ社長は「口頭注意のみ」の処分を発表。現在も『スッキリ!!』への出演に、嫌悪感を示す視聴者が後を絶たない状況だ。

「関係者の間では、不祥事以上に、その後の対応の悪さを批判する声が強いです。報道直後は、マスコミを恐れて日テレ近くのホテルに身を寄せていた上重アナですが、近頃は例のマンションに戻って生活しているそうで、局内では『あんな騒動を起こしたのに懲りていない』『さっさと退去すればいいのに』といわれています」(テレビ局関係者)

「フラッシュ」の記事でも、上重アナが直撃されたのは例のマンションから出てきたところで、車は手放したものの“億ション生活”はいまだに続けていることが判明した。

「半同棲中だった恋人・安座間美優と破局したといわれているし、騒動の原因となったマンションに居続ける神経がわからない。マスコミの関心が薄まったからと、そのまま生活しているんでしょうが、身の丈に合った物件に引っ越すのが筋ではないんでしょうかね」(同)

 一説には「『スッキリ!!』は、ほとぼりが冷めるのを待って降板」(週刊誌記者)というプランも日テレ内では浮上しているらしいが、第一報から2カ月以上もたっていまだ批判が止まらない原因は、やはり上重アナ自身にあるのも間違いなさそうだ。

「億ションに住んでる俺」が最後のプライドなわけ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク