[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・相葉雅紀、『ようこそ、わが家へ』の打ち上げ会場を凍らせた“サプライズ”とは?

aibamasaki04.jpg
「なにやってんだよ、相葉さん!」(ニノ)

 15日に最終回を迎え、全話中トップの視聴率15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾った嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)。当初は数字が危ぶまれていたものの、1ケタ台に転落することもなく、まずまずの結果を残したが、その直後に行われた番組の打ち上げで、相葉は“ダダスベり”の失態を演じてしまったという。

「連続ドラマでは最終回前後に、出演者やスタッフら総出の打ち上げを行うのが恒例行事となっています。視聴率によっては、ビンゴの賞品がしょぼかったり、一次会で早々とお開きになるなど“お通夜ムード”となってしまうケースもありますが、『ようこそ、わが家へ』の打ち上げはとても和気あいあいとしていたようです」(制作会社関係者)

 幹事を務めるスタッフのノリや、出演者の平均年齢などによっても会の内容はさまざまというが、大抵は主演やプロデューサーの挨拶に始まり、食事を交えつつスタッフの“余興”が行われるのが通例という。

「打ち上げでは、男性スタッフ5人がそれぞれ“なんちゃって”嵐メンバーに扮して、番組主題歌だった『青空の下、キミのとなり』を披露するという余興が行われました。登壇したスタッフは相当練習を重ねていたのか、ほぼ完璧な振り付けで場を盛り上げていましたね」(参加した芸能プロ関係者)

 このステージに、相葉も熱くなってしまったのか、途中で自らも飛び入り参加したという。即興でこしらえた“なんちゃって嵐”に本家がサプライズ出演とあって、参加者はさらに大盛り上がりとなるはずだったが……。

「参加者からはすぐに『えっ!?』という微妙な空気が漂い、場が若干凍ってしまった。なぜなら、本家であるはずの相葉が振り付けをほとんど覚えていないようで、スタッフに比べてまったく踊れていなかったんです。むしろスタッフの踊りをチラ見しながら、笑顔でごまかすように手足を動かしていて、失笑すら漏れ聞こえてきました」(同)

 それでも主演・相葉が体を張ったサプライズを見せたとあって、最終的には拍手喝采でステージは無事に幕を下ろしたという。フジ的にも、今回の視聴率は上々の結果だったようで、「会自体も終始なごやかムードで、非常にいい打ち上げでした」(同)というだけに、最後の締めくくりで軽くスベってしまったこともまた、むしろ相葉らしい“ご愛嬌”と言えそうだ。

「相葉ちゃんを滑らせるな」という気迫が伝わってくる!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ