終わらない迷走時代

TBS『ビビット』、テリー伊藤起用で大不評! 「朝から見たくない」「炎上目的の起用では」

1506vivit.jpg
『白熱ライブビビット』(TBS系)公式サイトより

 TOKIO・国分太一と真矢ミキがMCを務める情報番組『白熱ライブビビット』(TBS系)のレギュラーに、テリー伊藤が加わることが明らかとなった。テリーといえば、10年間にわたって出演していた裏番組の『スッキリ!!』(日本テレビ系)を3月末で卒業。同番組卒業を発表した際には「65歳になったんで、また違うことをやってみたい」と口にしていたテリーだが、わずか3ヶ月後に裏番組へ“電撃移籍”を果たすこととなった。

 昨年3月~今年3月27日まで放送された『いっぷく!』から番組を一新し、同30日からスタートした『ビビット』。21日付のスポーツニッポンによれば、テリーへの出演オファーは『スッキリ!!』の卒業が決定した1月下旬頃で、調整を重ねた上で毎週、火曜日と水曜日にコメンテーターとしてレギュラー出演が決まったという。

「テリーは昨夏の『スッキリ!!』で、女子中学生らとのLINEのやり取りが問題となった山本景大阪府議に対して『こいつキモいもん』と発言したことが物議を醸すなど、これまでも同番組や『サンデー・ジャポン』(TBS系)でのコメントが視聴者の反感を買ってきました。そのため、ネット上では今回の『ビビット』加入について『節操がない』『朝からテリーは見たくない』と否定的な声が続出。『ビビット』は開始後も視聴率は2~3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、裏の『スッキリ!!』や『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に敗北していますが、『余計に視聴率下がると思う』『テリーの発言による炎上目的では』と、放送前から大不評です」(芸能ライター)

 視聴率で惨敗中の『ビビット』は、取り上げる番組内容についても“迷走ぶり”が目立っている。11日の放送では女性向けのセクシービデオを特集したが、視聴者からは「朝の情報番組でやる内容じゃない」といった批判コメントが殺到。スタジオではレギュラーの“夜回り先生”こと水谷修氏が、「妻がコソコソ見てたら軽蔑します。堂々と見てたら離婚します」と発言したことも、批判の対象となった。

「その週の視聴率は8日の月曜日が3.0%、9日と10日に3.4%を記録したものの、セクシービデオ特集の11日は、2.9%にまで下がっていました。12日は3.6%にまで持ち直していましたから、セクシービデオの特集が視聴者に避けられてしまったといえるでしょう。また、5月28日には“レンタル彼氏”を特集していましたが、こちらも視聴率は3.1%とさほど伸びず。過激なことをやっても、視聴率にはつながっていない印象ですね」(同)

 そんな中、発表されたテリーのレギュラー加入。22日放送の『ビビット』ではテリーの電撃移籍を伝え、MCの国分が「この移籍、プロ野球で言ったら読売巨人軍からDeNAに来るようなものですからね。これはすごいことですけど。とにかくテリーさんは、自由にこの番組でしゃべってもらって“スッキリ”してもらいたいですね」と、テリーの古巣である『スッキリ!!』に対して挑発的なコメントをしていた。テリーは次週30日から『ビビット』に出演するが、番組にどんな変化をもたらすだろうか?

楽しみなのはシゲアキコーナーだけ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク