ちいめろの子育てが「ネグレクト」に見られるのは何故か

 前回に引き続き、1日30万以上のアクセスを誇る大人気ブログ、『6歳のホストくん(ハート)琉ちゃろ』(Decolog)のブロガーであるちいめろさんにインタビューを行いたいと思います。

■アンチの捏造に徹底反論、6歳のホスト琉ちゃろくん母・ちいめろの真実

 6歳のホスト・琉ちゃろ君のママとして、また、ブロガー•タレントの「ちいめろ」として、ブログだけでなく、雑誌やテレビでも活躍されている彼女ですが、非常にアンチが多いことも特徴です。

 後半では、「ちいめろ星の1日」や、「アンチとの攻防戦」、「これからの展望」など、まだまだたくさん語っていただきます。

◎ぴめちゃんが黒髪な理由

ちいめろ キャスに、子供が天然パーマであることを近所の人に怒られて悩んでいる人が(閲覧に)来たことがあって。その人は最初、「私は悩んでいるのに、あなたは子供の髪を染めて……!」みたいな、ちょっとアンチだったんですが、でもちいは、人に流されるタイプでもないので、「そんなことで悩んで育児やっていても絶対楽しくないよ」と言ったんです。そうしたら、(アンチだった人が)ちょっと意見が変わり始めて「そうやって、自分は自分って思えるちいめろさんすごい」って言ってくれて。アンチの中でも見た目だけで誤解してたりとか、変なウワサを鵜呑みにしている人が多いので、そこの誤解は、やっぱり少しでも解ければなあと思っています。

――今回のインタビューがそうした誤解を解くひとつのきっかけになれば良いかと。

ちいめろ ブログとかにも誤解だよって書いているのですが、やっぱり更新していくと過去記事はどんどん流れてしまうので。Twitter見てくれる子がブログも見てくれるとは限らないし、その逆もなんですけど。

――ちなみにぴめちゃんは化粧したいとか髪の毛染めたいとか言わないんですか?

ちいめろ 「ぴめも髪の毛染めたい」と言うことはあります。前にちいがエクステをつけすぎた時、美容院から帰ってすぐに数本とって、メッシュみたいにぴめにつけてあげたら「かわいい~」と喜んでいたんですけど、数時間経ったら「ママとって~」と(苦笑)。すぐ気が変わってしまう方なので、染めてから「戻したい~」と泣かれても困るので染めていません。あと、同居している私の親が「ぴめちゃんには、毛染めはやめなさい」という考えなのもあります。正直、親は琉が染めていることも反対なんです。だけど、琉がモデルの活動をしていることや、琉の「ホスト君」キャラに関しては少しずつ理解してくれていて、「とりあえず、芸能活動している琉はいいけど、ぴめは芸能活動していない一般人なのでダメだよ」と境界線を引いています。

私たちも、一緒に住んでいてお世話になっている感謝の気持ちがあるので、引くところは引かないといけない。

――だからぴめちゃんには、ホストの対になるキャバ嬢みたいなファッションはさせないわけですね。お子さんたちは今日、ちいめろさんのご両親に預かってもらっているんですか?

ちいめろ 私の親と、妹が一緒に見てくれています。

――じゃあ、たくさんの大人が琉ちゃろ君とぴめちゃんの周りにはいるということですね。

ちいめろ そうですね。よく子供を放置して東京に来ていると言われるんですが、信頼できる家族に預けてきているので大丈夫です。琉の仕事で上京するときも、ぴめは実家でおばあちゃんといますね。

−−預けるというか、同じ家族の中でみんなで子供を育てている感じですよね。お母さん子供だけで子育てをしているわけじゃないから、その方が子供にも良いと思います。

◎シングルマザーは苦労すべきか

――シングルマザーのような立場だと、「お母さんと子供だけで一生懸命生きていかなきゃいけない」という美徳化された圧力もあると思うんですよ。一杯のかけそばを美談として読むような、「旦那と別れる選択をしたんだから、母親は一人で苦労して子供を育てて、自分の好きなことは何もするな」的価値観です。

ちいめろ ああ、ありますねそれ。

――それを当然のように誰かに向けて言える人は、「何一つ娯楽を享受せず、働いて家族全員ぶんの生活費を稼ぎ、家事育児全部をする」ことがどういうことなのか想像する力がないと思うんですよ。自分がその立場だったら……と想像する力が。

ちいめろ 絶対無理ですよ。行き詰まりそうです。

――子供にとっても、そうなると「お母さんが神様」になっちゃうわけじゃないですか。自分を犠牲にして育ててくれているお母さんには、わがままも、自分の意見も言い辛くなってしまう。だから、いろんな大人が子供の周りにいた方が良いと思うんです。でも、そこにも批判がありますよね、「周りに頼るな」って。

子供を育てる上で、手伝ってくれるとか助けてくれるという人がいたら、甘えて良いと思っていて、そうして心に余裕がうまれると、子供にもやさしくできるように思いますし。

◎ちいめろ星の1日

――普段の生活リズムは、どんな感じなんですか。

ちいめろ まず、朝の7時に子供たちと起きて。8時には琉を小学校に送っていかなければいけないので。

――車でですか?

ちいめろ 車……いえ、馬車です!

――小学校までは、歩いて行ける距離じゃないんですか?

ちいめろ 歩いて行ける距離なんですけど、ちいが過保護っていうのと、何かあったりすると怖いというのもありまして。家から学校へ行くまでの道にバス停があるんですけど、高校生がたくさん利用しているので、もしも、写メを撮られてTwitterなどにアップされたり、おもしろ半分で家を突き止められたりしたら困るので。安全のために送り迎えしています。

――8時に琉ちゃろ君を小学校に送って、そのままぴめちゃんを保育園に送って、という。

ちいめろ はい。で、帰宅して、ブログを書いたり。妹と話したり。琉が帰ってくるまでがちいの自由時間という感じです。

――琉ちゃろ君の学校は何時くらいに終わるんですか。

ちいめろ 14時30分とか、遅いときで15時30分とか。また馬車でお迎えして、帰ってきたらまず、勉強の時間です。宿題と、個人的にドリルをやらせています。それと明日の授業の準備。やることを先にやらせて、終わったら、琉の好きなことをする時間なので、スマホゲームをしたり、YouTubeを見たり、公園に行きたいと言ったときは、近くの公園に連れて行きます。17時30分くらいにぴめを保育園に迎えにいきます。それから18時くらいにお風呂です。

――3人一緒に入っているんですか?

ちいめろ 誰と入るかは琉とぴめに選ばせています。基本的にはちいとぴめ、琉と私のお母様――の組み合わせで入る日が多いですね。大人1人子供1人の方が効率が良いので。2人がどうしてもママと入りたいと言った時は、3人で入りますが。

19時30分くらいに髪の毛を乾かしたりとかまで終わらせて、それから夕食の支度をして、早くて8時、だいたい8時15分くらいから夕食をみんなで食べます。

琉は休みの日にダンスを習っているので、食後にその練習を家の中で20分から30分くらいします。ちいはけっこうスパルタなので、習ったダンスのフリが出来なかったりすると、1時間くらいに長引くこともあります。

そして21時30分~22時に子供たちと一緒にちいも就寝という感じです。

――規則正しい生活をしているんですね。

ちいめろ まあ、生活リズムとしては普通です(笑)

◎電凸攻撃との攻防「児相が3回来た」

――実はアンチの人から、ちいめろさんは子供に「ダンスしかしなくて良い」と言って勉強をさせず、小学校の体育も見学をさせている、という情報をいただきまして。

ちいめろ 体育を見学させているとか、勉強させていないとか、それは完全にデマですね(笑)。掲示板とかもチェックしているんですが、誰かが「こいつは息子に体育を見学させているって言ってた」と書き始めて、それが広まったんじゃないかと思います。あと、最近の掲示板の流れで、「ちいめろはぴめちゃんを中学卒業後働かせるって言ってた」というデマもあるんです。そんなこと一言も言ってないのに! でも、そういう流れになっているんです。

――−妄想逞しいですね。

ちいめろ そうなんですよ、でもちいも、何の話かわからなくなると困るので掲示板は一応チェックしています。最近の(掲示板の)アンチって、タチが悪くて、すぐに電話するんです。

――俗にいう電凸。児童相談所とかに?

ちいめろ そうです。児童相談所とかに電凸です。掲示板で「通報しようぜ」「俺も通報した」みたいな流れになっている時、本当に市役所の人が家に来たんですよ。

掲示板を見ていたから、どんな流れで通報されたか私にはわかっていたので、市役所の人にも掲示板を見せました。そしたら、「虐待している」と通報されたことが嫌がらせであると納得してくださいました。もし私自身が(掲示板を)見ていなかったら、いきなり市役所の人が来て驚いて混乱したと思います。

もちろん、やましいことはありませんし、市役所の人が仕事で来ているのはわかるので、「必要だったら子供も見せます」と、毎回きちんと対応しています。

そういうことが、3回くらいありましたね。

――3回も。

ちいめろ これも掲示板でのアンチの作り話なんですが、「ちいめろは児童相談所の職員を追い返している」とか「職員に対応しない」とかも言われています。

――ちいめろさんがブログで「虐待していないので通報するのはやめて下さい」と書かれていた記事にも、「ちいめろは子供を本当は虐待しているから通報されるとヤバいんだ」との反応がありましたよね……。

ちいめろ 本当に、虐待なんてしていないので、役所の人に何度家に来られても平気なんですが、職員さんは突然来ますし、来てすぐに帰るというわけでもないので、お風呂やごはんの時間が遅れたり、生活リズムが狂うのが嫌なんですよね。なので、いたずら通報に対してはそちら(役所)で対応してくださいとお願いもしてみたのですが、そういうことは決まりで出来ないみたいなので。

――児童相談所がちゃんと機能しているからこそ、逆に困るという稀有すぎる案件になっているんですかね。

◎ネグレクトに兄妹差別、最近のアンチ

――本当に虐待していたら、あんなにたくさんニコニコしている子供の写真をアップしたり、ツイキャスとかできないと私は思っています。子供の表情や態度でバレそうなものじゃないですか。でも、アンチの思考だと、「子供はどんなに虐待されてもお母さんのことが大好きだから笑うんだ」となるんですよね。

ちいめろ そうなんですよ!「子供にとって親はちいめろしかいないんだから、子供は親に喜んでもらうために健気に笑うんだ」って。

――そうでしょうか。子供を侮りすぎでは。みんな、「子供のため」という大義名文で、誰かに文句つけたいだけに見えます。

あとは、「自分が教育ママに育てられて辛かった」とか「お兄ちゃんは大事にされていたけど妹の私は母親に大事にされなくて辛かった」とか、自分の親子関係の問題を、勝手にちいめろさんに押し付けて、当事者ぶるというか。「ぴめちゃんがかわいそうです」ということを言ってくる人も多いですよね。

ちいめろ 多いです。ネグレクトだけでなく、兄妹差別とも言われていて、今はむしろ兄妹差別と言われることの方が多いです。「琉にはブランドものを与えているけどぴめにはブランドものを与えていない」とか「琉の髪の毛はがんばってセットしているのに、ぴめは適当」とか。

琉をダンススクールに送り迎えする時は、ぴめを母に預けて行くんですが、そういうことに対しても、「またぴめを留守番させて琉にばかりかまっている」とか、「琉だけ連れて行っているから兄妹差別」とか。

琉は仕事とか撮影で東京に連れてくる時も多いんですが、その時に1日オフの日を設けてどこかに遊びに行ったりしても叩かれます。

洋服の量とかも、たしかに琉は雑誌やテレビに出ているので多く見えるし、実際に多いんですが、でもそれは、紙面や映像に残るので「仕事の衣装」という感じです。普段着は兄妹どちらも同じくらい。でもちょっと買いすぎかもとも思います。ぴめには、『RONY』や『EARTHNAGIC』とかのブランドの服をメインで買っているんですが、新品のまま一度も着ていない服がたくさんあるくらい。

――なるほど、普段着としての服は兄妹だいたい同じで、プラス琉ちゃろ君には衣装があるという感じなんですね。

ちいめろ そうですね。

――(ぴめちゃん用の)『RONY』とか『EARTHNAGIC』とか、子供服のブランドの中では高いものですよね。仮に、琉ちゃろ君には『CHUBBYGANG』で、ぴめちゃんには『しまむら』オンリーとか、普段着の服の値段にまで差をつけていたら、兄妹差別とも呼べるかもしれないと思うんですが、そういうことはないじゃないですか。それに、ちいめろさんはぴめちゃんと遊ぶ時間も当然あるわけで。

ちいめろ どっちかというとひめとの方が一緒に過ごす時間は長いですね。住んでいるのはちいの実家なので、間取りはリビング・ダイニング・ちいの部屋・妹の部屋・親の部屋……って感じなのですが、普段ひめはちいの部屋で一緒に過ごすことが多いです。逆に琉はおばあちゃん子なので、ちいのお母様のの部屋で過ごすことが多いですね。

――ぴめちゃんとはどんな遊びをするんですか?

ちいめろ 「こえだちゃん」とかのお人形遊びをしたり、YouTubeを一緒に見たりとかですね。

◎ちいめろ星の理想の親子像

――琉ちゃろママとかぴめちゃんママとかじゃなくて、「ちいはちい」というちいめろさんの姿勢が、私は素敵だと感じています。「母」じゃなくて、一人の人間として活躍されているのが素敵だと思うので、これからも、どんどん新しい世界を開拓して、活躍してほしいです。今後やりたいことはありますか。

ちいめろ もっと知名度を上げたいですね。ちいは元々女優になりたくて、高校の時は劇団ひまわりに入って演技の勉強もしていました。目立つことが好きなんです。高1になった時から高3の冬まで入っていたのですけど、辞めた理由が、今の旦那と高3になる時くらいに付き合い始めたんですけど、ちい、こう見えて結構一途なんで、「高校卒業したら東京に出て、それで芸能活動しよう」と、ずっと決めてひまわりに入っていたのに、だんだん、「東京に行きたくないな」と揺らいでしまって、最終的に夢と旦那の2択で旦那を選んでしまったんですよ。

それからなんだかんだあって結婚して、またなんだかんだあって今があるわけなんですけど、自分の中で、やっぱり夢を諦めきれていないところがあるんですよね。

だから、ちいはちいとしても、芸能活動は好きなので出来たらいいなって思っているし、琉もどんどん出していきたいと思っています。自分が出来なかったことを子供に託すというか、希望を持ってしまう部分もあるんですが、流も芸能活動を好きでやっているので、どんどん羽ばたいてほしいなあと思っています。

――そこで、「私は母として息子の黒子になる」みたいな感じじゃなくて、「ちいは永遠の18ちゃい、ちいめろ星のお姫様、血液型はハート型」というスタンスだから良いなあと思っています。自分は夢を子供に託して諦めて、子供を応援する形で支配する……という形だと、後々大変そうだなあと思うのですが。

旦那を選んで夢を諦めてしまった経緯があるとのことですけど、それって、ちいめろさんのように自分の意思ではなくて、社会からの圧力としても、「女なんだから、母になったんだから、自分の夢は諦めるべきだ」っていうのがありますよね。

ちいめろ ありますね。でも、それはちいは違うと思う。

――自分の意思で、好きだから旦那を選んだという。社会に屈しない感じは昔からだったんですね。

ちいめろ ちい、自我がすごい強いので(笑)他人の意見に流されたくないんです。友達とかに、ちいのことをわかってくれた上で意見をもらうのは嬉しいんですけど。

基本、全く知らない第三者から何か言われても、一切響かないですね。「ちいはこうだから」っていう、本当に自我が強いんです。

いちいち気にしていたら病むと思いますし。

――最初にもお伝えしましたけど、ふざけたキャスとかに表れている「やらかし」たい、というか不真面目な部分って、子供にとっても力がぬけて良いと思うんですよね。親に真面目な部分しかなかったら、子供って、例えば、「宿題やらなきゃいけないけど今すぐ遊びたい」みたいなごく普通に湧いてくる自分の気持ちさえ、ものすごく悪いもののように感じて罰してしまうように思うんです。

ちいめろ ちいの中での理想の親子像は、「友達みたいな関係」なので。もちろんちいは親なんですけど、それと同時に「ぴめは友達」「琉は彼氏」みたいな。「親子」というくくりが好きじゃなくて、自分の親のことをちゃん付けで呼ぶ理由も、友達親子を目指しているからです。

――いつか、もうすぐかも知れないんですけど、琉ちゃんに彼女が出来る予感とかありますか?

ちいめろ 今のところないですね。まだ、ママしか興味ないです。

――後々そういう話が出てきたら、ブログにアップとかして欲しいです。

ちいめろ そうなったら、たぶん発狂ですね(笑)。

――発狂ツイキャス。

ちいめろ 「琉が彼女連れてきたwww聞いてwww」みたいな。

======

■ちいめろ
国内最大級のママブログコミュニティ「mama Decolog」(ママ デコログ)でナンバー1二君臨するブロガー。 2児の母。ブログ「6歳のホストくん(ハート)琉ちゃろ」

■ 柴田英里(しばた・えり)/ 現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク