【うわさの会見場から】

Kis-My-Ft2・横尾渉&二階堂高嗣、『銀河英雄伝説』から「まさかのリストラ!?」と記者騒然

2015yokoo.jpg
よからぬうわさに横尾師匠もこの表情

 9日、特別公演『銀河英雄伝説 星々の軌跡』ゲネプロを前に、出演者の記者会見が開かれた。かつてKis‐My‐Ft2の横尾渉と二階堂高嗣が出演して話題になった同シリーズだが、出演陣の河村隆一、中川晃教のコメントにより、報道陣の間では「横尾と二階堂は敬遠されていた?」といううわさが飛び交ったようだ。

 舞台『銀河英雄伝説』シリーズは2011年からスタートして人気を博し、10作目となる14年2月の『銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突』を持って一度ピリオドを打った。その約3年間の歴史の中で、横尾と二階堂は12年8月上演の『銀河英雄伝説 撃墜王』から4作品に出演し、それぞれ物語の重要キャラクターを演じていた。

「会見では、河村が関係者やキャストに『もう1回やりたいんですけど、みなさんやりませんか?』と声がけしたことがきっかけで実現した特別公演だと明かされました。そのため、一部記者が、『今回出演していない横尾と二階堂はお声がかからなかった?』とざわついたんです」(ワイドショースタッフ)

 本公演は、先にタイトルと河村の出演情報が発表されると同時に、出演情報が確定していない横尾と二階堂ファンまでも「先行でチケットを購入するかどうか」を議論していたという。

「過去に横尾と二階堂が出演した舞台のチケット発売は、ジャニーズのファンクラブが優先されていたようで、シリーズを通して観劇しているファンからはブーイングが巻き起こっていたんだとか」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、横尾と二階堂の演技は「純粋な演劇ファンからは不評だった」(同)という声も。

「特に横尾の演技面に関しては、ネット上で原作や舞台ファンから『滑舌が悪すぎる』『学芸会レベル』といった意見が多数書き込まれています」(同)

 そんな背景を考えると、横尾と二階堂の不参加にさまざまな憶測が飛び交ってしまうのも、致し方ないのかもしれない。

「会見では、中川が『ずっと初演から今回の特別公演まで脈々とつながってきた、その一番熱い人たちが集結して特別公演が生まれています』とも話しており、“選抜漏れ”した横尾と二階堂は『共演者も煙たがっていたのかも』『まさかのリストラってことか』などと記者の間でうわさされていたそうです」(同)

 横尾と二階堂ファンからすれば、授業参観を見守る母親のような気持ちで舞台を楽しんでいたのかもしれないが、やはりその評価は上々とは言えなかったようだ。

滑舌の悪さを甘やかしすぎた結果なの??

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー