元『あいのり』はどうしてるかな~?

フジ『テラスハウス』新作の制作決定も、パッとしない元・テラハメンバーの現在

terahabook.jpg
「テラスハウス インサイド」(扶桑社)

 フジテレビが17日、今秋に日本市場に参入する有料動画配信の世界最大手「Netflix」と共同で会見を開き、2012年の放送開始から14年の終了まで一大ブームを起こした『テラスハウス』の新作『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING(仮)』を制作・供給することを発表した。

 『テラスハウス』といえば、海の見えるシェアハウスに素人の男女6人が同居し、そこで繰り広げられる恋愛や友情模様を描くリアリティショーとして人気を博した。番組終了後も復活を望む声が絶えず、それに応じるように今年2月、映画『テラスハウス クロージング・ドア』が公開。さらに同作は週間興行収入ランキングで初登場1位を獲得し、最終的には累計12.7億円の売り上げを達成するなど、映画界でも注目されることとなった。

 しかし、人気の半面、出演者がタレントの卵だったということが発覚、またヤラセ疑惑も浮上し、何かと世間から冷視されていたことも事実。新シリーズの制作につき、全世界から住人を募集するそうで、ネットユーザーからは「どうせまたタレントの卵みたいな人ばかりになるんじゃないの」「全世界ってカオス」といった声が相次いでいるが、ドラマ、バラエティと不調続きのフジとしては『テラスハウス』の再ヒットを願うしかないのだろう。

「『テラスハウス』はタレントの卵を宣伝する番組としても知られていますが、ゴリ押しされたタレントたちは現在パッとしない状態。歌手勢では、住岡梨奈が昨年11月に出したアルバム『watchword』はオリコン最高順位が68位、Chayは今年2月発売のシングル『あなたに恋をしてみました』が月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(同)の主題歌に起用されましたが、最高順位は23位でした。また写真家の今井洋介も、昨年2月に歌手デビューしたもののそこまで話題にならず。今年5月には『有吉反省会』(日本テレビ系)に『歌がヘタすぎる』として出演する始末です」(芸能ライター)

 グラビアアイドルの筧美和子は、昨年7月~9月に放送されたドラマ『水球ヤンキース』(同)にレギュラー出演するなど、活躍しているように見えるが「バラエティはまだしも、女優業の方は……。出演しているのも、テレビ朝日の『黒服物語』以外、ゴリ押ししているフジのドラマですし」(同)という。“てっちゃん”の愛称で人気となった菅谷哲也も、7月に公開される映画『脳漿炸裂ガール』に出演する予定だが、「世間からの知名度はまだまだ低く、連続ドラマに単発出演する程度です。元『テラスハウス』メンバーというだけで、どこまで食いつなげるかという状態」(芸能関係者)のようだ。

 「今後もオファーが続きそうなのは今井華くらいでしょうか」(同)というだけに、タレントの卵の宣伝番組としては、いまいちの結果しか残せていないように見える『テラスハウス』。果たして新作では、どのような展開を見せるのだろうか?

恋愛、オシャレ、ゴリ押し。フジの好きなもんが全部詰まってる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!