明菜復活はまだ遠い?

中森明菜、「みんなと会いたい…会いたい…」と切望もガリガリに痩せてコンサート頓挫!?

akinanakamori.jpg
中森明菜公式サイトより

 昨年の『NHK紅白歌合戦』以降、再び沈黙を続けている中森明菜だが、ここ最近になって相次いで近況が伝えられている。18日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、実父・明男さんが現在も明菜と連絡が取れないことを明かし、最後に会ってから「もう20年になります」「家族なのだから、それは会いたいですよ」と訴えかけているが……。

 明菜は『紅白』出演以降、メンタル面を含めてコンディションは最悪の状態にまで陥っているようだ。詳細は16日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で伝えられており、『紅白』出演後にリリースしたシングル「Rojo ‐Tierra‐」の売り上げが約2万枚と不振で、明菜は次第に塞ぎこんでいってしまったという。

「来月13日の50歳バースデーに合わせて、コンサートやイベントといった“記念企画”が計画されていたものの、気分の変動が激しいために見通しが立っていないと『新潮』が報じています。また、今月の明男さんの誕生日にも、家族でただ1人、明菜だけが姿を見せなかったことも明かされています」(芸能ライター)

 さらに「週女」には、明菜が昨年秋頃に入院していたという、都下の病院での目撃談も掲載されている。ある入院患者が、お風呂場で遭遇したという明菜の姿は、ガリガリに痩せ細り、とても声を掛けられる雰囲気ではなかったとか。5月下旬に届いたファンクラブ会報では、珍しく近影が掲載されていたほか、オリジナルアルバムの制作を進めているとしながらも「今年こそ!! …どうにか…どうにかどうにかして――みんなと会いたい…会いたい…」といった、悲痛な思いが直筆でつづられていたと「日刊ゲンダイ」は報じている。

「昨年明菜は、都内で恋人ともいわれるマネジャー男性と同棲中で、外出している気配はまったくないことなどが一部で伝えられていただけに、当時に比べれば状況は前進したといえますが、完全復帰の道のりは遠かったということでしょう。一時期は『紅白』がブッキングを成功させたことによって、いよいよ今年はファンの前に姿を現すのではと見られたのですが……」(ワイドショーデスク)

 思い返せば、昨年リリースした2枚のベストアルバム『オールタイム・ベスト‐オリジナル‐』と『オールタイム・ベスト ‐歌姫(カヴァー)‐』が30万枚のヒットを記録した際には、各メディアとも“歌姫”明菜の復活劇を絶賛していた。あの状況が再び到来すれば、明菜復活の後押しになる可能性もあるはず。大勢のファンや明男さんの願いが成就する日は来るのだろうか?

聖子の面の皮の厚さをご覧よ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム