ようやく定職に就いた!

落合博満の長男・福嗣、“声優デビュー”も失笑の嵐! 母・信子は号泣も「結局親の七光り」!?

hukusidensetuu.jpg
『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』(集英社)

 中日ドラゴンズのゼネラルマネジャー・落合博満の長男である落合福嗣が、アニメ『それが声優!』(TOKYO MXほか)で本格的な声優デビューを果たした。福嗣は、『美少女戦士セーラームーン』(テレビ朝日系)のタキシード仮面を演じる古谷徹、『スラムダンク』(同)の流川楓を演じる緑川光などを有する大手声優事務所に4月から所属。今後はさらなる活躍を誓っているようだが、世間の“落合のドラ息子”というイメージから、ネット上では失笑が巻き起こっているようだ。

「福嗣は、名プレーヤーとして一時代を築いた博満の息子として、甘やかされ育ったといわれており、傍若無人な言動が世間を騒がせたことが多々ありました。最も有名なのが、『落合家にやってきた撮影スタッフの前で、テーブルに上がって裸になり料理の上に放尿。その様子が全国放送された』というもの。これは、後に福嗣自身が『料理ではなく床に向かってした』と否定していますが、そのほかにも、『女子アナの胸を揉んだり、スカートの中に顔を突っ込んだ』『ナインティナインの岡村隆史ら、芸人に暴言を吐いた』など、こうしたエピソードには枚挙にいとまがありません」(芸能ライター)

 また、「福嗣を野放しにしている」「親バカ」などと批判され続けてきたのが、父・博満と母・信子だ。福嗣は10年に一般人女性と結婚、同年に著書『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』(集英社)の出版とゲーム『龍が如く4』に本人役で出演、13年には「我が道よ」でCDデビューなど、さまざまな活動をしてきたが、「妻子がいるにもかかわらず、なんでもかじる程度。27歳になるまで定職に就いたこともなく、それも全て親が甘やかしているからと見られてきた」(同)という。

「そんな福嗣が、地に足をつけて声優デビューとあって、博満も信子も大喜びしているようです。デビューのお祝いの食事会で信子は号泣、博満も涙をこらえ『プロとして責任を持って頑張れ』と言ってくれたと福嗣が明かしています。しかし、ネットユーザーの反応は冷めたもので、『落合の息子っていうのが食いっぱぐれのない定職でしょ』『結局親の七光り』『27歳で、結婚してて、無職だったってすごい』『実力がなければ速攻干されるだけ』といったコメントばかり。今、業界では“声優の飽和状態”が叫ばれており、『落合の息子』というだけで仕事が得られるか……正直厳しいでしょうね。今後福嗣が花開くかは、彼の実力と努力次第だと思います」(同)

 かつて『フクシ伝説』に収録された福嗣との対談で、「オレらがオマエの面倒見られる間に、自分でなりたいものをゆっくり探せばイイ」と語っていた博満だが、本格的に子離れをすべき時期なのかもしれない。

信子と共演したアオキーズ・ピザのCMは伝説

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク