下半身デブ撲滅の“最終兵器”をゴッドフィンガーに聞く

kotuban_shiboui.jpg

 いよいよ夏が目前に迫ってきました! 今年はすでに真夏のような日差しの日も多く、街には露出の多い服の人も増えていますよね。そんな季節になると女子として絶対に気になるのが太もものお肉。ただでさえ運動や食事制限なんてやりたくないのに、頑張ってダイエットしたとしてもなかなか解消されないのが、生まれついての下半身デブだったりするという残念な事実……。

 そもそもなぜ下半身のムダ肉はついてしまうのでしょうか。調べてみると、実はその大きな原因は骨盤の歪みだというのです。上の図を見ると一目瞭然ですよね。骨盤の位置が歪んでしまうことで、下半身の脂肪が外へと逃げ、下半身全体がデブになってしまうのだとか。しかし、理論がわかったところで自分ひとりの努力で骨盤を矯正するなんて至難の技。そこで、数々の有名人や多くの患者の歪んだ骨盤の位置を正常に戻してきた“伝説の骨盤ゴッドフィンガー”佐久間邦広先生にお話を伺ってきました。

2.jpg
伝説の骨盤ゴッドフィンガー”佐久間邦広先生

 先生いわく、骨盤を正しい状態に戻すにはやはり整体サロンに通い適切な施術を行うのが一番だとか。しかし、そんな費用も時間もない人が大半ですよね。そこで家でもできる骨盤矯正をと思うのですが、市販の骨盤スパッツなどの製品は骨盤の引き締めが基本的に弱く、骨盤ベルトなどは動いているうちに締めるポイントがズレてマイナス効果になってしまうことが多いそうなんです。では自宅でも骨盤矯正の効果を得るには、一体どうすればいいのでしょうか?

それをかなえてくれるのが、佐久間先生秘伝の「骨盤パワーベルトガードル」なんだとか。これはなんと、骨盤ベルトと骨盤ガードルが一体化した画期的なアイテムなんです。骨盤ガードルをはいて付随している骨盤ベルトを上から巻くだけなので、骨盤ベルトがズレることなく常に正しい骨盤矯正ポイントを締めてくれるとか。また、3本の強化ベルトを使用することでこれまでの骨盤スパッツとは比べ物にならないほど強力に骨盤を引き締めてくれるんです。これで、先生の言う市販の製品ではなかなか難しい2つのポイントを攻略できた! というワケ。

3.jpg
がっしりとホールドしそうなベルト

 その上、ウエストの補正やヒップラインアップという効果も期待できるなんて言うことなし。ショート丈で薄手素材だから、ショートパンツやデニムの下にはいていてもバレないので毎日使っても大丈夫そうですね。

 なんとこの「骨盤パワーベルトガードル」、産後太りに悩んでいたインリン・オブ・ジョイトイの産後10キロダイエットにも貢献したとか。長年悩み続けた下半身デブから抜け出して、あなたも夏に向かって理想のスタイル作りをしてみませんか?

骨盤パワーベルトガードル

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに