[ジャニーズ・メディアの裏側]

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、“本命”彼女が発覚!? 瀧本美織と熱愛報道後の「神妙な雰囲気」

fujigayatousan.jpg
ファンに深読みさせるような日記はダメ!

 6月上旬、一部報道で女優・瀧本美織との熱愛が伝えられたKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔。本人からは交際報道についてのコメントはいまだ見られないが、今度は新たに“本命”の存在が報じられるなど、再び周辺が騒がしくなっている。

 藤ヶ谷と瀧本は2011年放送のドラマ『美男ですね』(TBS系)で共演。ドラマ共演を機に交際に発展したとされており、「週刊文春」(文藝春秋、6月11日号)は、瀧本が藤ヶ谷の自宅マンションへひっそりと通う姿をキャッチ。藤ヶ谷といえば、北山宏光・玉森裕太にならぶ“前の3人”の1人で、グループ内での人気も上位に位置しているメンバー。多くのファンが悲しみに包まれるとともに、瀧本のブログのコメント欄には藤ヶ谷ファンからの苦情や暴言が殺到し、炎上していた。

「瀧本がボーカルのガールズバンド『LAGOON』の新曲『KNOCKED‐OUT BOY』(5月27日発売)には『いつも自分勝手なSキャラうんざり』という歌詞が含まれているのですが、Sキャラで知られる藤ヶ谷を思い出す人も。瀧本が作詞に参加していることもあり、『藤ヶ谷のことかなって思っちゃう』『LAGOONの新曲の歌詞、藤ヶ谷と重なる』と、一部ファンの間で話題になっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 その後、藤ヶ谷は10日にジャニーズ公式サイト・Johnny’s webの連載「キスログ」を更新。6月1日以来、更新がなかったが、主演舞台『TAKE FIVE』が終了し、「ゆっくり自分の時間を満喫しています」「最近の安らぎの時間はお風呂に入ってるときです」などと近況を報告した。

「最近のキスログは、冒頭で『ハロー☆太輔です』という元気な挨拶から始まっていたのですが、同日の日記は『どうも。太輔です』という神妙な雰囲気でスタート。もちろん熱愛に触れることはありませんでしたが、いつもは絵文字や☆マークを多用するラフな文体なのに、今回は終始真面目なトーンだったこともあり、ファンからは『テンションがいつもと違う』『敬語が多くて元気がなさそう』『考えて書いたんだろうな』など心配の声が上がっていました」

 そんな中、16日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、藤ヶ谷が本命の彼女に“懺悔メール”を送っていたと伝えている。同誌によれば、その女性は藤ヶ谷と同じ高校の1年後輩で、ジュエリーデザイナーの滝沢結貴。交際は8年ほどになるそうで、すでに互いの家族にも紹介済みだという。

「『文春』でも、藤ヶ谷のマンションには複数の女性が出入りしていたことを伝えていましたが、滝沢はかねてより一部熱心なファンの間で藤ヶ谷との親密関係がウワサされていた人物です。また、藤ヶ谷は『キスログ』の最後などに『xxx』とつけるのが定番ですが、滝沢も似たような『XYX』という一文をブログの最後に記載。今後も彼女の言動が藤ヶ谷ファンの間に波紋を呼びそうです」(同)

 「週刊女性」によると、藤ヶ谷は滝沢に週刊誌に記事が出ることを謝罪した上で、「瀧本さんとはあくまで友達です」と、釈明のメールを送っていたとか。ファンを奈落の底に突き落とすような“決定的証拠”が出ないよう、細心の注意を払ってほしいものだが……。

ニューカマー登場でネット徘徊が捗るわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク