自宅でもオフィスでもシュッ! 山田優も愛用する大ヒット美肌スプレーのヒミツ

yy.jpg

 暑い日が増えてきて、おうちやオフィスで冷房をガンガンにきかせている人が増えてきたのではないでしょうか。こうなると、冬場に負けず劣らず肌の乾燥がMAXになりますが、そのことはいまだに意外と知られていないようです。かといって、ただでさえ湿気の多い季節に加湿器を置くのは勇気がいるものですし、エステに通うお金も時間ももったいない……そんなお悩みを抱えた人のために、山田優も愛用しているという美容グッズを見つけました!

 そのアイテムがこの「iN-BE+vカーボミスト」。いわゆるスプレータイプの炭酸美容液です。もはや巷にあぶれすぎて、どれがいいのかさっぱりわからない感のある“炭酸美容”アイテムなのですが、その中でも群を抜いて売れまくっているアイテムだそうで、全国のコスメショップやアットコスメでも売上第1位を獲得しているそう。数々の女性誌やテレビでも紹介されていて、見たことのある方も多いのではないでしょうか。

tansan.jpg

 まず、そもそも炭酸美容とはなんなのか? あらためて調べてみました。炭酸ガスが肌内部に浸透すると「酸素不足になった」と肌が錯覚を起こす特性を利用したのが炭酸美容なんだとか。肌が不足した酸素を取り込もうと必死に血管を拡張し、血流が促進されるボーア効果が起きることで、肌が活性化するんですね。肌のターンオーバーも促進されやすくなることで、乾燥やくすみなどの肌トラブルも改善できるとして、人気が定着したんです。

 では数ある炭酸化粧水の中でも、「iN-BE+vカーボミスト」がヒットしている理由は何かというと、炭酸美容において最も大事な炭酸の濃度が他製品に比べ圧倒的に高い“炭酸濃度100%”だからなんだそう。10,000ppm以上の高濃度炭酸ミストが肌の奥に浸透し、肌のめぐりがよくなることで、くすみ、たるみなどの年齢肌やニキビ、毛穴の開きといった肌トラブルのほか、リフトアップにも効果てきめんなんだとか。

6ba80.jpg
効果には個人差があります

 さらに、「iN-BE+vカーボミスト」には高濃度炭酸とともに、毛穴ケアに働きかけるエバーマット、引き締め成分のオバリスや、美肌ケアには欠かせないプラセンタエキス、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体といった美容成分が独自にブレンド配合されていて、透明でもっちりとしたしっとり肌作りにもばっちりです。「iN-BE+vカーボミスト」はスプレータイプのため洗顔後はもちろんのこと、出先でも肌のダメージを感じたらシュッとできるのが最高! いつでもどこでもカンタンケアできますね。

 美容は地道な努力が必要といいますが、特別なことはなかなか継続ができませんよね。「iN-BE+vカーボミスト」なら日常生活に取り入れて、さらなるキレイを目指せちゃいそうです。今なら初回限定で特別キャンペーンを実施中だとか。1回でも解約可能で、30日以内なら「商品代金全額返金保証サービス」もあるので、気軽にお試しできますね。イベントが増える夏を前に、メイクの映える美肌を手に入れましょう!

iN-BE+vカーボミスト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム