関ジャニ∞がロックバンドを圧倒する日が来る? 新曲で見せた“音楽的格闘”を分析

【リアルサウンドより】

 関ジャニ∞の、とくにデビュー当時のありかたについては、特異な道を歩んでいると言われることがしばしばあるけど、ジャニーズの歴史を踏まえて見ると、そこまで変わったものだとは思わない。シブがき隊的なノベルティ要素として、忍者的な祭りだの演歌だのといったジャポニズムが投入された、と思えば、むしろけっこうジャニーズ的な遊びかただと言える。ただし、関ジャニ∞の場合、そこに「関西」という別の変数が入ってくるので、これを処理しようとしたときに、かなりヘンテコなスタイルになる。「関西」という側面をどのように打ち出すのか。その点、やはりジャニーズWESTにも似たものを感じる。個人的には、カール・ダグラスやKC&ザ・サンシャインバンドといったディスコのデータベースを用いながら、見事に「関西」感を打ち出した(ごまかした?)「関風ファイティング」に、その頂点があると感じている。というか、単純に曲が良い。そして、服部良一トリビュートに収録された、笠置シヅ子「買い物ブギ」のR&B調のカヴァーによって、関西/ノベルティ感はとりあえず一段落したと見るべきだろう。

 周知のとおり、最近の関ジャニ∞は、みずからバンド演奏をおこなっている。初期関ジャニ∞のノベルティ感が好きなだけに、個人的には歓迎していない方向性ではある。演奏することが前提になったとき、楽曲から複雑さが抜け落ちるのがいやなのだ。TOKIOくらいの演奏技術とキャラクターとしての説得力があれば良いが、そうでないと凡庸なバンドになってしまう可能性がある。いやもちろん、紅白の演奏などとても良かった。楽器演奏をする彼らの魅力も感じないわけではない(横山裕のパーカッションとか!)。しかし、楽曲単位で見ると、以前の爆発力ほどではないとも思ってしまう。TOKIOの場合は、鉄腕DASH的なDIYのありかたが、見事にバンドサウンドの説得力になっている。大事なのは説得力だ。したがって、自主レーベル「INFINITY RECORDS」の設立は、このようなバンド形態としての説得力をもたらす一助にはなるだろう。

 ここでの筆者の立場に対しては、昔ながらのトップダウン的な芸能界を前提にし過ぎている、という批判がありうるだろう。たしかに一方で、そんな芸能文化の時代ではないという気もする。キャリアのことを考えたとき、いつまでも関西/ノベルティ路線で行くわけにもいかないのもたしかだ。自主レーベルを設立し、音楽も振る舞いも、ある程度自分たちで舵を取っていく。そのなかで周囲を巻き込んでいく。そういう態度のほうが現代的だし、正しいのかもしれない。「がむしゃら行進曲」の初回限定盤には、振り付け指導テキストが付けられていた。楽曲の複雑さとか言い募るより、そのような「恋チュン」的な流通のしかたに目配せをすることが大事なのかもしれない。それはそれで、共感はしないが理解はできる。いずれにせよ、そういうさまざまな意味において、いま関ジャニ∞に目が離せないのは、たしかだ。

 さて、そんな関ジャニ∞の新作「強く 強く 強く」は、ポジティヴなミディアム・ナンバーだと宣伝されている。そのとおりだ。しかし、それ以上に大事なのは、この曲が、演奏技術がそれなりに求められる曲だということだ。ゆったりとした演奏なだけに、たしかな技術が要求される。実際、シングルに収録されたシークレット・トラックにおいて、大倉忠義は、「隙間があるんで、ミスしてしまったりするかもしれないんで、音楽番組で注目してくれればなと思うんですけど」と言っている。ヴォーカルのキーも若干高めである。演奏のクオリティをキープしたまま、楽曲の幅を広げていくこと。現在の関ジャニの格闘は、なによりこの点にある。アップテンポでメロコア的なノリもあったバンド形態の関ジャニ∞は、「強く 強く 強く」というミディアム・ナンバーで、自分たちの可能性を広げようとしているところなのである。みずからの演奏で、多彩な楽曲をおこなえるようになれば、こんな心強いことはない。

 「強く 強く 強く」では、一瞬、オルタナ的な尖ったギターが聴けるが、大味なロック/ポップスとは別に、そういう先鋭的な楽曲がポピュラリティを獲得していけば、今度はいわゆる「J-ROCK」と呼ばれているようなものと、サウンド的に並列されうるだろう。そうすれば、サマソニに出演したTOKIOのように、アイドルが真正面から他のバンドを喰ってしまうこともあるかもしれない。あの一瞬の尖ったギターを聴きながら、そんな光景を夢想した。

■矢野利裕(やの・としひろ)
批評、ライター、DJ、イラスト。共著に、大谷能生・速水健朗・矢野利裕『ジャニ研!』(原書房)、宇佐美毅・千田洋幸『村上春樹と一九九〇年代』(おうふう)などがある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム