まゆゆ『戦う!書店ガール』最終回をよしりんが酷評「ストーリーが稚拙すぎて、誰が主役でも視聴率は取れない」

watanabemayu0525.jpg

 9日放送の最終回が平均視聴率4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど、歴史的な不振に見舞われたAKB48・渡辺麻友&稲森いずみダブル主演ドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系/火曜22時~)。同作の脚本に対し、漫画家で評論家の小林よしのり氏が11日、自身のブログで「まゆゆが出てるから全部見たが、ストーリーが稚拙すぎて、あれでは誰が主役になっても視聴率は取れない」と酷評した。

 小林氏といえば、ドラマ開始当初は「『本』への愛情が炸裂した、そして感動的なエピソードも盛り込んだ素晴らしいドラマじゃないか!」「今季一番のドラマかもしれない」「妊娠の誤解が溶ける瞬間のまゆゆの演技が絶品!」(原文ママ)などと大絶賛していたが、次第に恋愛要素が色濃くなると、「(主人公が)仕事上の恩を感じた男に『付き合う』と言ってしまったこと、その上たちまち自分の部屋に呼んでしまったことが解せない」などと脚本に苦言。特に、最終回の安易な展開にはがっかりしている様子だ。

 『戦う!書店ガール』は、第7話で平均視聴率3.3%を記録するなど、記録的な低調が話題に。最終回では、書店の存続・閉店が決まる残り1週間が描かれたほか、亜紀(渡辺)と小幡(大東駿介)の結婚式シーンが盛り込まれた。

「最終回は、閉店危機の書店を存続させるため、亜紀が『書店に客を泊まらせ、自由に読書させてはどうか』と宿泊企画を提案し、実施。さほど効果が得られず、閉店と従業員の全員解雇が決定。しかし、突然現れたライバル会社の男が、なんの見返りもなく『全員を雇う』と言いだすという、興ざめする展開だった。さらに、唐突に差し込まれた結婚式のシーンに、視聴者は唖然。どうやらフジは、最終回の宣伝材料として、まゆゆのウエディングドレス姿の画像を各ニュース媒体にばら撒くためだけに、このシーンを無理やり突っ込んだようです。同作は、撮影中に打ち切りが決定し、1話分がまるっと削られたようですが、それにしても『後半の脚本が荒すぎる』と批判が相次いでいます」(テレビ誌記者)

 同作を熱く支持していた小林氏の評価までも一転させてしまった『戦う!書店ガール』。数字だけでなく、評判までもガタ落ちのようだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー