その他
【ジャニーズ研究会レポート】

TOKIO城島茂、「グループ内格差」「解散の危機」の乗り越え方を後輩にレクチャー

jjoushima01.JPG
「抜けちゃう方が簡単」はKAT-TUN・NEWSの元メンバーに伝えたい名言

【ジャニーズ研究会より】

 6月10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にジャニーズWEST桐山照史、藤井流星、小瀧望、中間淳太が登場。デビュー2年目の初々しい彼らに、大先輩TOKIOがグループ内格差から解散危機までを語る一幕がありました。

 人気コーナー「方言女子としゃべろう」では、「関西女子の魅力を伝えたい!」と訴えるジャニーズWESTを番組一番人気の熊本女子・まおりが悩殺。まおりといえば、これまでにもHey!Say!JUMP山田涼介、関ジャニ∞横山裕ら数々の男性ゲストを骨抜きにしてきましたが、中間も「ウチんこと、好きど?」と聞かれ、即座に「好き!」と答えてしまうなど終始ヘラヘラ。終わってからも「あかん! いーやめっちゃ良いわ!」「まだ……ま……ま……負けないです。僕はまだ負けてないです」と余韻に浸ってろれつが回らず。すっかり翻弄されてしまいます。

 続く藤井も、抱きついてきたまおりに見つめられながら「こん映画終わるまで、こんままでおっても……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク