堕胎報道&ジャニーズ二股騒動の元SUPER☆GiRLS・稼農楓、スキャンダルを乗り越え「華麗に復活!?」

kanoukaede0611.JPG
エイベックス・ヴァンガード公式サイトより

 エイベックスのアイドルグループ・SUPER☆GiRLSのエースメンバーとして活動していた“かえぴょん”こと稼農楓が今春、同事務所から女優として再デビュー。芸名を「藤本かえで」に変え、小規模な舞台から地道な活動をスタートさせている。

 藤本は2013年1月、「未熟さや甘えていた部分を変えたい」などの理由でSUPER☆GiRLSを脱退。その直前には、同グループ初となる日本武道館公演の開催が発表されたが、すでに体調不良を理由に活動を休止していた。

 当時、彼女の脱退については「当然」と見る向きも。脱退の2カ月前、「週刊文春」(文藝春秋)に“元カレ”を名乗る男性が登場。2011年に「日本レコード大賞 新人賞」を受賞したSUPER☆GiRLSだが、元カレの告白によれば、レコ大の翌日に妊娠が発覚し、その後、堕胎。同誌には証拠として、胎児のエコー写真や、堕胎手術の領収書、2人のキス写真なども掲載された。

 その後も、ジャニーズタレントと二股をかけていたとのウワサが浮上したほか、「実話ナックルズスペシャル」(ミリオン出版)に彼女らしき女性のベッド写真が掲載されるなど、アイドルとしては致命的なスキャンダルが次々と報じられた。

 そんな藤本の復帰に、ネット上では、当時のファンから「決して諦めないかえぴょんは、素晴らしい」「いろいろあったけど、応援したい」「おかえり! 時間はかかると思うけど、大女優になってね」といった温かいコメントが多く見受けられる。

「脱退から2年以上を経て復活を遂げたかえぴょんですが、再デビュー後は3本の舞台のほか、3月に公開された大東駿介・遠藤要ダブル主演映画『表と裏』にちょい役で出演。話題にはならないものの、地道に実績を積んでいるようです。また、SUPER☆GiRLSのファンからは、エイベックスが彼女を見捨てなかったことに、驚きの声も目立ちます」(芸能ライター)

 スキャンダルを乗り越え、復活を遂げた彼女。アイドル時代の栄光を捨て、1人でどこまで勝負できるか? 陰ながら見守っていきたい。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク