[ジャニーズツッコミ道場]

『クレヨンしんちゃん』で発見、SMAP・木村拓哉がキムタクを演じると「キムタクじゃなくなる」!

kuresin-kimutaku.jpg
『クレヨンしんちゃん』公式Facebookより

<『クレヨンしんちゃん』に、木村拓哉出演!!>

 どんな演技だとか、どんなキャラだとか、なんならストーリーだって、どうでもいい。しんちゃんにキムタク。もうその状況だけで、ひたすら面白い。SMAP・木村拓哉主演ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)との2週にわたるコラボ企画ということで、キムタクは、しんのすけをはじめ、父・ひろし、母・みさえ、妹・ひまわり、そしてペットのシロまで1人5役に挑戦するという。

 なんだそれ!!?? 超絶カッコいいお兄さんキャラが登場して、みさえや幼稚園の先生たちがメロメロ、とかじゃなく、野原一家を1人でやるのか。しかも2週連続。声優・木村拓哉は、映画『ハウルの動く城』で、すでにお披露目済みだし、昨年のフジテレビ『27時間テレビ』でも、『サザエさん』にSMAP全員で出演もしていたが、今回は1人で5役。攻めるなぁ。どんな仕事でも常に真剣に取り組んで、常に期待以上のものを見せようとしてくれる。ドラマの番宣だって、普通のことはしない。これがキムタクだ。

 そして5月29日。前番組の『ドラえもん』(同)が終了し、「このあとは『クレヨンしんちゃん』」と予告が入る。そこへ、しんちゃん(着ぐるみ)とツーショットのキムタクの姿! しかも、一緒にお尻フリフリもしている! そういえば、『アイムホーム』の第1話でも、カラオケのKARAの曲に合わせて全力で尻を振っていた。木村さん的に尻フリブームなのか。

 あらためて、オープニングにしんのすけとのツーショットで登場したキムタク。「今夜はオラと木村さんで、イケメンSP!」と、しんのすけが言う。しかし、画面には、<SPコラボアニメは番組の最後!>という文字が表示され、どうやら本編放送の後までお預けのようだ。本編が終了し、エンディング曲をゆずが歌い始めてしまった。終わっちゃうぞ、と思ったところで、「ただいまー」。

 ひろし、帰宅。これか、これがコラボアニメか。でも、ひろしはキムタクじゃないっぽい。

「アナタ見てー!」(みさえ)
「たややー」(ひまわり)
「父ちゃん、オラたち木村拓哉になっちゃったゾー」(しんのすけ)
 
 ひろしを出迎える家族たち。みんな、やたらキリッとした顔に描かれている。キムタクの顔に“なっちゃった”、ということのようだ。正直これを見せられて、「キムタクだ!」と言い当てられない気もするが、これがクレしん世界基準の「木村拓哉」の顔ということだ。そして、このひろし以外の全部の声を、キムタクが1人でやってるわけだ。しかも、ちゃんと声を聞き分けられる。甲高い裏声でしゃべるみさえ、ひまわりの幼い声……どんな顔でやってんだろう? アフレコ現場をメイキング映像かなんかで見せてほしい。

キムタクという偶像のゲシュタルト崩壊

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー