Kis-My-Ft2・玉森裕太はなぜドラマで重宝される? 控え目なキャラクターの魅力に迫る

20150604-tamamorith_.jpg
控えめなキャラクターで愛されている玉森裕太。

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が、10月にスタートする新ドラマ『青春探偵ハルヤ(仮題)』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~24:54)で主演を務めることが発表され、話題となっている。玉森はこれまで、2011年7月から放送されたドラマ『美男ですね』(TBS)で初出演を果たし、その後、『信長のシェフ』(2013年1月〜テレビ朝日)『ぴんとこな』(2013年7月〜TBS)などで主演を務めてきた。

 ドラマ俳優として順調に活躍の幅を拡げている玉森だが、一方で先日6月1日に放送されたレギュラー番組『キスマイBUSAIKU』(フジテレビ)に出演した際は、タレントのローラをキュンとさせる遊園地デートプランを披露するものの、ローラに「モテモテだから女の子に慣れてるかと思ったけど、ちょこちょこちょいブサ」と評価されていた。

 Kis-My-Ft2の中ではいわゆる“イケメン枠”に入りながらも、レギュラー番組では時折、隙を見せている玉森。そんな彼がドラマで重宝され、人気を高めている理由とは何か。ジャニーズに詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、次のように分析する。

「玉森さんはもともとマイペースで飄々とした性格で、あまり自分のキャラを全面に押し出すタイプではありません。『キスマイBUSAIKU』では、自らのプロデュースで女性をリードしようと頑張っていますが、おそらく彼は本来そういうことが得意ではないのだと思います。でも、実は責任感が強いので、なんとか番組を面白くしようと彼なりに頑張るのですが、それが結果として時にカラ回ってしまうのかもしれません。しかし、その飾らない性格は彼の長所でもあり、魅力でもあります。昨今のジャニーズには、なんとか自身のキャラを打ち出そうと、笑いに走ったりするメンバーも少なくないですが、彼の場合は違います。あまり自分からは主張しないものの、求められていることにしっかり応えようというスタンスで、そうした態度はクールにも捉えられますが、だからこそ彼の笑顔が見たいと、ファンが夢中になってしまうのでは。女性アイドルでいうと、AKB48のぱるること島崎遥香さんが、無闇に笑顔を振りまいたりしないクールなキャラクターで、むしろ人気者になっていますが、玉森さんの魅力もそれに近いものがあるのかもしれません」

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー