嵐・相葉雅紀の演技が評価を高めている理由とは? 『ようこそ、わが家へ』好調の背景を読む

20140201-aibachan.jpg
天然キャラで知られる相葉雅紀。

【リアルサウンドより】

 嵐の相葉雅紀が主演を務めるドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)が、初回放送から毎週10%を越える高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープし、俳優としての相葉に改めて注目が集まっている。同作は「ストーカーの恐怖」と「会社の不正」に立ち向かう倉田家の姿を描いた、サスペンスタッチのホームドラマだ。

 相葉が連続ドラマの初主演を果たしたのは、2009年放送の『マイガール』。嵐のメンバーの中ではもっとも遅かったが、ここにきて『ようこそ、わが家へ』がヒットし、俳優としての評価が高まったのはなぜか。本稿ではその理由を探ってみたい。

 相葉は、1997年放送の『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ)でドラマデビューを果たしており、同作で松本潤が気弱な少年・モリを演じたのとは対照的に、少年グループのリーダーの下で威張るアキラ役を演じていた。書籍『嵐はなぜ史上最強のエンタメ集団になったか』に掲載された佐野華英氏のコラムによると、当時の相葉は、松本や二宮和也と同じく事務所から“役者推し”をされていたという。翌98年には近藤真彦主演の『ドンウォリー!』(フジテレビ)や、少年犯罪を扱った裁判ドラマ『少年たち』(NHK)に出演していたことからも、それは伺えるだろう。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!