【うわさの会見場から】

KAT-TUN・亀梨和也、蜷川幸雄の発言に“イラッ”!? 猛反論で現場はピリピリムードに

kamenashikazuya01.jpg
丸くなったなんて誰が言ったの?

 4日、KAT‐TUN・亀梨和也が蜷川幸雄演出の音楽劇『青い種子は太陽のなかにある』製作発表会見に登場した。蜷川とは初タッグとなる亀梨だが、会見中に蜷川の“とある発言”を完全否定したことで、現場に一瞬冷たい空気が流れたという。

 本作は故・寺山修司氏が20代に書いた未発表作品で、1960年代の安保反対闘争直後の日本を舞台に、亀梨演じる主人公・賢治とヒロイン・弓子の悲恋を通じて体制批判が描かれている。亀梨がジャニーズ以外の舞台に立つのはこれが初めてで、亀梨の俳優活動のターニングポイントになりそうな作品だ。

 会見で蜷川は、亀梨に対して「困難な山を選びました」「表面は柔らかいけどこの人は大変」と、“蜷川節”を連発。

「最初は苦笑いを浮かべるだけで、なるべく口を出さないようにしていた亀梨でしたが、一方的にいわれてイラつき始めたのか『プレッシャー大会です』と一言。最後は、『芝居は俳優ですよね』という蜷川に対して、『ステージの方は演出の方次第』と強気に言い返してました」(ワイドショースタッフ)

 さらに、蜷川と亀梨で証言が食い違う場面もあったという。

「蜷川は、ジャニーズ事務所の役者を起用するとき、まず初めにジャニー(喜多川)さんからキャラクターの違う2人の候補者を連れて来てもらい、どちらかを選別するそうです。10年以上前、ジャニーさんから、亀梨ともう1人のジャニーズタレントを紹介してもらったと話していました」(同)

 しかし亀梨は、蜷川がいなくなった後の囲み会見で、この話を一蹴したという。

「亀梨は、『大阪で舞台をやっていたとき、ジャニーさんに1人で蜷川さんの前に連れて行かれた』と断言。1人で行ったのか2人だったのかは、蜷川さんの記憶違いかもしれませんが、亀梨は何度も『1人で』と強調していて、蜷川さんをフォローする気もなさそうでした。ジャニーさん、蜷川、亀梨の知られざるエピソードなだけに、ぜひ放送で使いたかったんですが、話が食い違っているので、オンエアは難しいということになってしまいました」(同)

 蜷川は会見中、「亀梨くんはこじれたら絶対に言うこと聞かない。そっぽを向いてうまくいかないだろう」と、この両者の食い違いについて“予言”するようなコメントもしていたのだとか。この蜷川と亀梨のぶつかり合いが、8月からの本公演でどう昇華されるのか期待したいところだ。

ジャニーも幸雄も生意気な男が好きなんだから~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク