嵐の“隠れた名曲”はカップリングにあり 『青空の下、キミのとなり』収録曲を聴く

20140214-arashi.jpg
新シングル『青空の下、キミのとなり』が好調の嵐。

【リアルサウンドより】

 相葉雅紀主演のドラマ『ようこそ、わが家へ』の主題歌でもある嵐の新シングル『青空の下、キミのとなり』が、5月25日付のオリコンシングルチャートで1位になるなど、彼らの人気は今なお絶好調だ。さわやかなアイドルソングを連想させるタイトルとは裏腹に、ダンスミュージックを大胆に取り入れた音楽性は、彼らのファンにはもちろん、ポップミュージック好きにとっても興味深いものだろう。表題曲についての分析は、リアルサウンドにてジャニーズの音楽性について考察している矢野利裕氏の記事【嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?】を読んでいただくとして、本稿では同シングルのカップリング曲について触れてみたい。

 嵐のカップリング曲は、オリジナルアルバム未収録となり後に入手困難となることも少なくない。そうした事情に加え、音楽的クオリティの高さから“隠れた名曲”として長年愛されているケースが多い。たとえば『PIKANCHI DOUBLE』に収録された「五里霧中」は、ライブ定番曲としていまも人気のナンバーで、昨年行われたハワイ公演でも披露されている。また、『Love so sweet』のカップリング「いつまでも」は、作曲に人気コンポーザーの多田慎也を迎えた1曲で、櫻井翔のサクラップを堪能することができる、嵐らしいさわやかなポップナンバーだ。(上記の2曲は後にカップリング曲を集めたアルバム『ウラ嵐マニア』にも収録されている)

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク