嵐の“隠れた名曲”はカップリングにあり 『青空の下、キミのとなり』収録曲を聴く

20140214-arashi.jpg
新シングル『青空の下、キミのとなり』が好調の嵐。

【リアルサウンドより】

 相葉雅紀主演のドラマ『ようこそ、わが家へ』の主題歌でもある嵐の新シングル『青空の下、キミのとなり』が、5月25日付のオリコンシングルチャートで1位になるなど、彼らの人気は今なお絶好調だ。さわやかなアイドルソングを連想させるタイトルとは裏腹に、ダンスミュージックを大胆に取り入れた音楽性は、彼らのファンにはもちろん、ポップミュージック好きにとっても興味深いものだろう。表題曲についての分析は、リアルサウンドにてジャニーズの音楽性について考察している矢野利裕氏の記事【嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?】を読んでいただくとして、本稿では同シングルのカップリング曲について触れてみたい。

 嵐のカップリング曲は、オリジナルアルバム未収録となり後に入手困難となることも少なくない。そうした事情に加え、音楽的クオリティの高さから“隠れた名曲”として長年愛されているケースが多い。たとえば『PIKANCHI DOUBLE』に収録された「五里霧中」は、ライブ定番曲としていまも人気のナンバーで、昨年行われたハワイ公演でも披露されている。また、『Love so sweet』のカップリング「いつまでも」は、作曲に人気コンポーザーの多田慎也を迎えた1曲で、櫻井翔のサクラップを堪能することができる、嵐らしいさわやかなポップナンバーだ。(上記の2曲は後にカップリング曲を集めたアルバム『ウラ嵐マニア』にも収録されている)

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに