[女性誌速攻レビュー]「Gina」6月号

婚活のために好きなファッションはやめた、と「Gina」で語る保田圭のトンチンカンぶり

gina1506.jpg
「Gina」(ぶんか社)6月号

 巷では、やれスニーカーだ、Tシャツだ、とボーイズMIXがはやっていますね。「Gina」(ぶんか社)6月号も、もちろんその流行の波を乗りこなしています。というよりも、「正直、ボーイズMIXってGina的には改めまして感が…。というのも、カジュアル推しの弊誌としては、メンズアイテムを取り入れるってけっこう昔からやってたり!(ドヤ顔)」とサラリと主張。突っ込みたいとこは多々ありますが、世間より常に一歩先を行ってる自負のある「Gina」にこれからもついていきますよ! 
 
<トピックス>
◎長谷川潤になりたい!
◎白バック&白シューズがあればすべて上手くいく!!
◎ボーイズMIX上手なカノジョになりたい!!

■ファッションポリシーも結婚のために捨てる?
 犬山紙子の「悲しき負け美女の口癖」連載、今月号は「私たちが結婚できたワケ」がテーマのスペシャルバージョンです。ゲストは、『美ブス婚~最下位娘。の婚活物語~』(ワニブックス)を出版し、モー娘。時代よりも活躍中と思われる保田圭。あの頃はパッとしなかったですが、いまや完全に元モー娘で稼いでる側の人間になり、人生楽しそうです。

 で、肝心の対談を読み終えて思うのは、なぜ保田さんだったのか……? という疑問。婚活本の宣伝なのはわかりますが、「『カッコイイね!』が褒め言葉」とカバーにも書いてあるくらいの、とにかくカッコイイ至上主義の「Gina」。メイクページでも、フワッと可愛いイガリメイクなんて皆無。「女子会はパープルラインで感度高めに!」なんて言葉で攻めています。そこにおいて、突然、巻き髪&ピンクのレーストップス&白いボトムの保田さん。「Gina」系ではまったくない出で立ちで、不思議な空気が流れています。さらに、婚活成功者の保田さんは、「悲しき負け美女」でもないので連載のコンセプトからもズレてます。

 女子アナのようなファッションをしていることについては、対談で圭ちゃんはこんなことを言ってました。「モテとは関係ない服装とかしてたけど、婚活するって決めたときは洋服を全部捨てて、クローゼットがパステルカラーになりました」。ほほう……これ、「Gina」女子に警報鳴らしてます? ケンカ売ってますよね? パステルカラーなんて、多分「Gina」女子のクローゼットには少ししかないですよ。いや、少しもないよ、きっと! 長谷川潤にあこがれている女子が読者層なのに、なにをトンチンカンなファッションアドバイスを送ってるんでしょうか。だいたい、「そうか、婚活のためにピンク着るか」と、パステルカラーに覚醒しちゃったら、「Gina」も縁を切られて読者減なのに……。そんなリスクを冒してでも、結婚について触れなければイケなかったのでしょうか? もしかして結婚を目指す読者が増えているとか? そして読者が目指すべきところは、圭ちゃんのようにファションをあきらめてコスプレに走ることなのでしょうか……ち、違くね!?

服の楽しみを奪うモテなんてクソ喰らえ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク