汚い爪が自宅で美ネイルに!? おうちでサロン並のジェルネイルを実現させる女

emi.jpg
鈴木えみも愛用してるそう

 ジェルネイルが浸透してから何年もたちますが、面倒くさくなってる人もいるのではないでしょうか。3週間~1カ月に一度サロンに通い、1万円程度払って3時間拘束され、万一ネイルが欠けたり浮いたりしたら直しにまたサロンに行かなきゃいけない……面倒くさくても、ネイルが汚いとテンションが落ちるから続けてきましたが、これ、何とかならないもんでしょうか。試しにセルフでマニキュアをやってみたところ、やっぱり微妙……と悩んでいたのですが、最近なにかとSNSで話題のファッショニスタが、インスタグラムで面白そうなアイテムをオススメしていました。

 それがこの「ジェルポリッシュセット」。おうちでマニキュアのようにジェルを塗って、付属のオリジナルライトで固めるだけのセルフジェルネイルキットです。ノンサンディング(削り不要)、ノンワイプ(未硬化ジェルの拭き取り不要)というカンタンタイプで、マニキュアと比べ物にならないクオリティーのネイルが自分でできてしまうという優れもの。ちなみに鈴木えみも愛用者だそうで、ブログで紹介しているネイルの写真も見てみましたが、サロンと同じような出来栄え。これ、理想のアイテムかもしれません。

instagenki.jpg
最近話題のゲンキングというファッショニスタのインスタ

 “マニキュアとジェルのいいところ取り”といった印象の「ジェルポリッシュ」ですが、セット自体は非常にコンパクト。ベース、トップ、オリジナルのLEDライト、リムーバーという、コスメポーチに収まってしまいそうな手軽さです。ジェル自体も有機溶剤を使っていない安全で高品質な国産ジェルだそうで、リムーバーもアセトンを必要最小限に抑えた、爪に優しいものだとか。何度もジェルやスカルプを繰り返して爪が薄くなってしまった人でも、安心して使えそうです。使い方も何にも難しいことがなく、しかもマニキュアより硬化が早いためとってもスピーディー。これで2週間から3週間持つというから驚きです。

emi200.jpg
鈴木えみのブログより

 例えばサロンに行く人でも、あまり難しいアートをしなくてもいいフットはジェルポリッシュでやるとか、少しの修正はジェルポリッシュで済ますとか、使い方は無限大ですね。そして肝心のコスパですが、このセットは1万5,120円。つまりサロンでジェルをする1~2回分の値段で買えちゃうんです。つまり、これを持っていれば、かなりお財布にも優しくネイルが続けられるというワケ。これからはこの「ジェルポリッシュ」が常識になりそうな気配ですね。

 「ジェルポリッシュセット」はネット販売のほか、ISETAN MIRROR、ルミネ新宿の2店、RESTIR、LE JUNなどで買えるそう。ネイルサロン通いに疲れた人や、マニキュアよりもっと輝くネイルをおうちでしたい人は、「ジェルポリッシュセット」をゲットするとはかどりそうですね!

ジェルポリッシュ
取り扱い店舗はコチラ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー