【うわさの会見場から】

「パンツに手を突っ込んだまま」EXILE・AKIRA、公開アテレコに報道陣は「ダメだこりゃ」

2015madmax.jpg
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』オフィシャルサイトより

 EXILE・AKIRAの“日本語吹き替え版の主演声優”抜擢で炎上している6月20日公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。今月20日には、都内スタジオで公開アフレコ会見に臨んだが、その“パフォーマンス”には現場記者から落胆の声が漏れていたという。

 映画『マッドマックス』は、第1作が1979年に公開されて以来、世界中に熱狂的なファンを持つ人気アクション作品。85年に制作された3作目から30年を経ての新作となるだけに、世界観を大切にしていた往年のファンは、日本語吹き替え版の声優が誰になるのか心待ちにしていた。そんな中、主演・AKIRAを筆頭に、俳優・竹内力、プロレスラー・真壁刀義ら“タレント声優”の起用が発表され、公開前から物議を醸していた。

「バッシングを意識したのか、会見では司会が必死に『AKIRAさんは、主人公マックスを演じているトム・ハーディになりきってましたよ!』とフォローをしていましたが、AKIRA本人はどこ吹く風といった感じでしたね」(ワイドショースタッフ)

 同会見では、AKIRAのアフレコシーンがメディアにお披露目されたが、そこでもマスコミからはこんな声が。

「AKIRAは表情こそ真剣でしたが、右手をパンツの前ポケットに突っ込んだままセリフを読んでいました。公開アフレコの“絵作り”を意識したのかもしれませんが、口パクも少し合っておらず、『ダメだこりゃ』という感じでした。また『自分にはトム・ハーディほど渋さがない』と、自身が起用された理由をどこか疑問に感じているようなコメントもしていました」(ワイドショースタッフ)

 こうして、会見では“イマイチ”の印象をマスコミに与えたAKIRA。作品PRでは、カップルに向けて「見終わった後、殴り合いのケンカはしてほしくない」とアピールしていたというだが、同作のファンから袋叩きに遭ってしまうことを心配した方がいいかもしれない。

ポッケにINが彼らにとってクールの方程式なの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決