【うわさの会見場から】

「パンツに手を突っ込んだまま」EXILE・AKIRA、公開アテレコに報道陣は「ダメだこりゃ」

2015madmax.jpg
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』オフィシャルサイトより

 EXILE・AKIRAの“日本語吹き替え版の主演声優”抜擢で炎上している6月20日公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。今月20日には、都内スタジオで公開アフレコ会見に臨んだが、その“パフォーマンス”には現場記者から落胆の声が漏れていたという。

 映画『マッドマックス』は、第1作が1979年に公開されて以来、世界中に熱狂的なファンを持つ人気アクション作品。85年に制作された3作目から30年を経ての新作となるだけに、世界観を大切にしていた往年のファンは、日本語吹き替え版の声優が誰になるのか心待ちにしていた。そんな中、主演・AKIRAを筆頭に、俳優・竹内力、プロレスラー・真壁刀義ら“タレント声優”の起用が発表され、公開前から物議を醸していた。

「バッシングを意識したのか、会見では司会が必死に『AKIRAさんは、主人公マックスを演じているトム・ハーディになりきってましたよ!』とフォローをしていましたが、AKIRA本人はどこ吹く風といった感じでしたね」(ワイドショースタッフ)

 同会見では、AKIRAのアフレコシーンがメディアにお披露目されたが、そこでもマスコミからはこんな声が。

「AKIRAは表情こそ真剣でしたが、右手をパンツの前ポケットに突っ込んだままセリフを読んでいました。公開アフレコの“絵作り”を意識したのかもしれませんが、口パクも少し合っておらず、『ダメだこりゃ』という感じでした。また『自分にはトム・ハーディほど渋さがない』と、自身が起用された理由をどこか疑問に感じているようなコメントもしていました」(ワイドショースタッフ)

 こうして、会見では“イマイチ”の印象をマスコミに与えたAKIRA。作品PRでは、カップルに向けて「見終わった後、殴り合いのケンカはしてほしくない」とアピールしていたというだが、同作のファンから袋叩きに遭ってしまうことを心配した方がいいかもしれない。

ポッケにINが彼らにとってクールの方程式なの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク