健気な弟に、俺様な婚約者に……心もカラダも束縛されちゃうTLコミック2作品

 みなさん、恋してますか? 最近はべったりイチャイチャ指向のカップルが減り、自立し合っているのがいい恋愛だよね~なんていうオトナな意見もよく聞きますが、やっぱり本気で好きだったら多少の束縛はうれしく思うものですよね。今回は心もカラダも思いっきりエッチに束縛されたーい! というあなたにうってつけのTLコミックを2作品ご紹介したいと思います。

■「もう姉さんなんて呼べねぇよ

neesan.JPG

 真朝はちょっと地味な普通の女の子。2つ年下の弟・比呂とは血がつながっていない姉弟なんです。でも最近、真朝は比呂にあからさまに避けられていて、どうやったら以前のように仲良しな関係に戻れるのかと悩んでいます。しかも、ある日真朝は学校で声をかけられた八木とデートの約束をしますが、それを知った比呂にお風呂で襲われてしまうのです。なんの嫌がらせなんだと悩む真朝ですが、デート中にも比呂は乱入。八木と真朝を引き離しますが……。

 四六時中主人公を付け回し、ひたすら必死で追いかけてくる弟に「あーやっぱり年下かわいい!」とキュンキュンしてしまう作品。こんなに一生懸命になられたら、そりゃあ情も移ってしまうというものです。TLコミックというより少女マンガに近い作品ですが、かわいい年下男子に健気に追って来られたい……というあなたにはぴったり。

■「強制結婚 花嫁はドS社長の下僕

hanayome.JPG

 美織は彼氏なしのアラサー。しかも両親は借金で夜逃げして、借金取りに追われる日々なんです。ある日、美織の会社に新社長が来ることになりますが、その新社長は御曹司のイケメン。なぜか秘書課に移動させられた美織ですが、実はその新社長の父親は、夜逃げした父親の昔なじみ。借金を肩代わりする代わりに、美織に新社長と結婚しろというのです。一発逆転に大喜びの美織でしたが、実は新社長はとんでもないヤツ。家事からエッチまで、美織に下僕になれと命令してきて……。

 ドS発言とかをする人に限って、本当は誰より相手の女の子に依存してたりしますよね。この新社長もそのタイプ。主人公にひどい態度で接しながらも、本当は“俺のもの”と囲っておきたくてしかたないんです。まさにツンデレの王道という感じですが、繰り返されるエッチシーンも、回を重ねるごとに愛情たっぷりでいい感じです! ちょっと刺激的な束縛を楽しみたいあなたにオススメな作品です。

 「もう姉さんなんて呼べねぇよ」と「強制結婚 花嫁はドS社長の下僕」はただいまコミックシーモアにて配信中。ちょっと強引な彼に独占欲を発揮されちゃうなんていう妄想を、マンガで叶えてみてはいかがですか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!