今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

上西小百合、『サンジャポ』出演で見誤った己の魅力と“技量”

uenishisayuri.jpg
上西小百合オフィシャルサイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎集え、猛者たち
 極太アイラインのかわりに、二重テープをキラキラ乱反射させて『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出ていた上西小百合。素はものすごい「おしん」顔。よりによって最初のテレビ出演に『サンジャポ』を選ぶとは。案の定、「意外とつまんないね」「もっと尺短くなんない?」と、面と向かって散々な言われよう。言ってたの主にテリー伊藤と西川史子であるが。「コイツとはもう一緒に仕事することはない」と断を下した時の、この2人の残虐性はなかなか見ごたえがある。あと、断を下すまでがどんどん早くなっている。

 あそこでいっぺんくらいコメントに「エモーショナル」挟めてたら、上西小百合もキワモノとして輝けたかもしれないのに。

 業界の「公開オーディション」と化している『サンジャポ』。時にはそれがそのまま公開処刑の場にもなる。キワモノ候補は自覚してから出ないと。朝から対空高射砲でドン。

◎来る日へのネタ作り
 離婚騒動が膠着状態の米倉涼子。「秘技・BGM音量アップ」という新しい戦術も身に着けて。

 本人があのキャラクターだけに、逃げ回れば逃げ回るほど「本当に面倒なことになってんだろうなぁ」の感しきり。世間が彼女になんとなく共鳴してしまっているところが、通常の「大物女優離婚スキャンダル!」と異なる点か。

 みんなで「悪いようにはしないからさ」という目で見ている感のある今の米倉。イベント出演だというのに、半分しかない眉に血色の失せた唇と、投げやりに近いノーメイク状態なのも、「盛る気分じゃないんだね」で合点だ。しかし今回の半眉顔、夏木マリに似てた。米倉涼子って、老けたらああなるんだ。頑張れ米倉涼子、夏木マリっぽく過去を語れるその日まで。

◎「マイバースデー」で採用
 出てきたものは何でも食べる。残さず食べる。かなりの珍味や発酵食品もオッケー。

 片岡愛之助の名前を書いて、子どものお茶碗の下に敷いておくと、好き嫌いのない、何でも食べる子どもになりそうな気がする。

 新手のおまじないにどうでしょう。おまじないて。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に(情報センター出版局)、1月16日に新刊(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー