今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

上西小百合、『サンジャポ』出演で見誤った己の魅力と“技量”

uenishisayuri.jpg
上西小百合オフィシャルサイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎集え、猛者たち
 極太アイラインのかわりに、二重テープをキラキラ乱反射させて『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出ていた上西小百合。素はものすごい「おしん」顔。よりによって最初のテレビ出演に『サンジャポ』を選ぶとは。案の定、「意外とつまんないね」「もっと尺短くなんない?」と、面と向かって散々な言われよう。言ってたの主にテリー伊藤と西川史子であるが。「コイツとはもう一緒に仕事することはない」と断を下した時の、この2人の残虐性はなかなか見ごたえがある。あと、断を下すまでがどんどん早くなっている。

 あそこでいっぺんくらいコメントに「エモーショナル」挟めてたら、上西小百合もキワモノとして輝けたかもしれないのに。

 業界の「公開オーディション」と化している『サンジャポ』。時にはそれがそのまま公開処刑の場にもなる。キワモノ候補は自覚してから出ないと。朝から対空高射砲でドン。

◎来る日へのネタ作り
 離婚騒動が膠着状態の米倉涼子。「秘技・BGM音量アップ」という新しい戦術も身に着けて。

 本人があのキャラクターだけに、逃げ回れば逃げ回るほど「本当に面倒なことになってんだろうなぁ」の感しきり。世間が彼女になんとなく共鳴してしまっているところが、通常の「大物女優離婚スキャンダル!」と異なる点か。

 みんなで「悪いようにはしないからさ」という目で見ている感のある今の米倉。イベント出演だというのに、半分しかない眉に血色の失せた唇と、投げやりに近いノーメイク状態なのも、「盛る気分じゃないんだね」で合点だ。しかし今回の半眉顔、夏木マリに似てた。米倉涼子って、老けたらああなるんだ。頑張れ米倉涼子、夏木マリっぽく過去を語れるその日まで。

◎「マイバースデー」で採用
 出てきたものは何でも食べる。残さず食べる。かなりの珍味や発酵食品もオッケー。

 片岡愛之助の名前を書いて、子どものお茶碗の下に敷いておくと、好き嫌いのない、何でも食べる子どもになりそうな気がする。

 新手のおまじないにどうでしょう。おまじないて。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に(情報センター出版局)、1月16日に新刊(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク