ビルボードは全面否定

イギー・アゼリアは嫌われ過ぎ!? アンチが授賞撤回を求める署名運動を展開

IggyAzalea02.jpg
品川なみに嫌われているイギー・アゼリア

 オーストラリア出身の女性ラッパー、イギー・アゼリア。昨年2月にリリースした「ファンシーfeat.チャーリーXCX」がビルボード全米チャート7週連続第1位に輝き、女性ラッパーとしての連続ナンバーワン記録を更新した。アリアナ・グランデ、ジェニファー・ロペス、リタ・オラ、ジェニファー・ハドソンにブリトニー・スピアーズら人気大物歌手とコラボした作品も全て大ヒットし、今や“ラップ界に君臨する正真正銘のディーヴァ”とたたえられるまでになった。

 しかし、ブラックアメリカン特有の文化であったラップを他国の白人女性であるイギーがドヤ顔で操ることに抵抗を感じる者が続出。スヌープ・ドッグやエミネムらラップ界の重鎮も彼女をネタにし、これらにイギーはTwitterで正面から反論し、「何様」「生意気」「そういう業界でしょうに」とアンチを一気に増やした。

 やることなすこと全てがバッシングされる状態に疲れたイギーは、今年2月にTwitterを、3月にはインスタグラムを「離れる」と宣言。しかし、4月にブリトニー・スピアーズとのコラボ曲のプロモーションのためあっさりと再開し、「利己的」とアンチは大騒ぎ。3月に突然豊乳手術したことをカミングアウトしたときも、「尻や鼻やあごもやってんだろ!」とバッシングが大盛り上がりした。

 そんなイギーの嫌われっぷりを露呈する報道が再び流れている。5月17日に開催された音楽祭典『ビルボード・ミュージック・アワード2015』で獲得した最優秀ラップ・ソング賞を撤回しろという嘆願書への署名運動が行われ、2万人を軽く超える人が賛同したというのだ。

 米4大ネットワークの1つであるFOX局のニュースサイトによると、大手オンライン署名サイト「Change.org」でイギーへの授賞撤回を求める嘆願書への署名運動がスタートした。発起人は、同アワードにノミネートされるのは「2014年3月10日から2015年3月までにリリースされた作品」と定義されており、14年2月17日にリリースされた「ファンシー」は対象外だと明言。同カテゴリーにノミネートされたアーティストにとってアンフェアなことであり、同賞はクオリティの高いニッキー・ミナージュの「アナコンダ」に贈られるべきだと主張した。

嫌われ商法っていう手もあるしね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム