[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ジャニーズ、7月新ドラマは「イケメン&EXILEに惨敗」! “ジャニーズ枠”廃止の痛手

1505goro.jpg
AKIRAに巻き込まれ事故にご用心!

 福士蒼汰主演の月9ドラマ『恋仲(仮)』(フジテレビ系)、窪田正孝&山崎賢人出演の『デスノート』(日本テレビ系)など、続々と新情報が明らかになっている夏ドラマ。春はSMAP・木村拓哉主演『アイムホーム』(テレビ朝日系)、嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、山下智久主演『アルジャーノンに花束を』(TBS系)とジャニーズから豪華メンバーが登板しているが、7月期はジャニーズファンにとって寂しいラインナップとなっている。

 7月にスタートするゴールデン・プライム帯の夏ドラマは、福士や『デスノート』の2人、EXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)など若手のイケメン俳優がメインで起用されるほか、西内まりや主演『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)には三浦翔平、杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)は成宮寛貴が第2話から準レギュラーとして登場する。

 すでに発表されているドラマでジャニーズタレントが主演を務める作品は、少年隊・東山紀之主演の“水9”ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)のみ。『HEAT』にはAKIRA演じる主人公・池上タツヤが勤める不動産会社の社長役でSMAP・稲垣吾郎が出演し、V6・森田剛は堤真一主演『リスクの神様』(フジテレビ系)で8年ぶりの連ドラ出演を果たすが、どちらも主演を脇で支えるポジションだ。

「7月期は、春ドラマの木村、相葉といった派手なタレントの主演作はなく、どちらかというと重厚感のある演技派を重視したメンツが起用されている印象です。ジャニーズファンからも『次クールはジャニーズドラマ、少ない』と嘆く声が上がっており、東山、稲垣、森田のドラマに“バーター”で他タレントが出演することを期待する人も。ゴールデン・プライムではないものの、日テレ系土曜深夜に放送されていた“ジャニーズ枠”も4月から廃止され、ドラマでジャニーズタレントを見る機会が減ってきていますし、『イケメン俳優&EXILE一派に、座をどんどん取られていく』と危機感を持つファンが出るのも当然でしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 稲垣が出演する『HEAT』は消防団をテーマにしたドラマだが、ネット上では早くも視聴率が不安視されている。AKIRAは2012年と14年のドラマ『GTO』(フジテレビ系)で主演を務めるなど俳優業もこなしているが、視聴者からは演技力不足を指摘されることも少なくない。また、第1期は平均13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲っていた『GTO』も、昨年の2期は平均7.2%にまでダウンしており、今作もネット上では「低視聴率確定」「大コケの予感」と予想されているのだ。

「稲垣のドラマ出演が決まり、ネット上ではSMAPファンから『EXILEの脇か……』と落胆の声も見受けられました。稲垣は映画『十三人の刺客』での演技力が評価され、近年のドラマではすっかり“脇役の演技派ジャニーズ”のポジションを築いていますが、昨年出演の檀れい主演ドラマ『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系)は視聴率が平均9.7%で終了しています。AKIRAドラマへの出演によって、稲垣の経歴にこれ以上傷がつかないことを祈るばかりです」(前出同)

 ジャニーズタレントの出演も少なく、あまり華やかな作品は見られない7月期のドラマ。まだ全作品やキャストは出そろっていないだけに、今後の動向にも注目したい。

高田はヌルっとドラマ出てそうなんだよな……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク