This is Norika style!!

藤原紀香と片岡愛之助は“セフレ”!? 「熊切あさ美との破局」はバーニングの偽装工作か

norikafujiwara00.jpg
あんなに信心深いのに、この体たらくである

 藤原紀香と片岡愛之助の熱愛報道について、一部メディアの“右へならえ”の報道姿勢が、関係者の間で物議を醸している。

 第一報を報じたのは、28日発売の「女性セブン」(小学館)。2人の2ショット写真を多数掲載した上に、紀香の自宅マンションへの“お泊まり愛”の様子も克明に伝えている。そしてこの記事を受けて、翌日のスポーツ紙やワイドショーも盛んに後追い報道を行うことに。

「特に顕著だったのが、『スポーツニッポン』と『スッキリ!!』(日本テレビ系)です。『スポニチ』は『ふたりが急接近しているのは事実』として、片岡が『熊切とは別れた』と周囲に話していると報じました。また『スッキリ!!』では、芸能レポーター・井上公造氏が、片岡本人から熊切との破局報告を受けていると証言しています」(スポーツ紙記者)

 しかし熊切の所属事務所は、報道後に「付き合っています。一緒に住んでいます」と破局を否定しており、スポニチと井上氏は「完全にバーニングの御用達」(同)だけに、破局情報はK氏やドンの意向を受けての報道、ということがうかがえる。そんな中、29日発売の「フライデー」(講談社)は、熊切に直撃取材し、「彼を信じてます」との発言を掲載。紀香と片岡の関係を“浮気”と断定的に報じたのだった。

「片岡と紀香が男女の仲であることは間違いないのですが、真剣交際が始まっているとは言い難い状況。こうなると、片岡の本命恋人は熊切のままで、紀香とは単なるセフレだったのではと思えますね」(同)

 一部メディアによる「片岡・熊切の破局情報」の“お膳立て”について、ある週刊誌デスクは「中山美穂のときとまったく同じパターン」だと指摘する。

「中山と辻仁成の離婚騒動時、バーニング系のメディアは一斉に『辻の女性化が離婚原因』などとはやし立てましたが、その後中山に“本命恋人”の存在が伝えられたことから、完全に風向きが逆転。結局のところ、夫とは別に好きな男性ができたことが離婚の真相だったにもかかわらず、中山・バーニングサイドは一方的に辻を悪者に仕立て上げ、自らの批判を避けようと画策しました。今回の紀香に関しても、片岡との親密関係を認める代わりに、熊切との交際は『すでに終わっている』と処理するように、メディアに対してバーニングサイドの強い意向が働いたというわけです」(同)

 紀香の“浮気疑惑”を回避するため、半ば強制的に「別れていた」ことにされてしまった熊切。紀香に対しては「お友達ですよ」としたものの、熊切について言及はないままの片岡が、この件についてどう落とし前をつけるのか。引き続き注目していきたい。
(須田恭也)

陣内に浮気された傷は癒えたってことでOK?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク