その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「『雨だって』はふりきってやるべき」Sexy Zone菊池風磨、櫻井翔のアドバイスに感動

jkikuchi11.jpg
「翔くん、迷彩着すぎじゃないですか~?」って忠告できるのは風磨だけなので、頼む

【ジャニーズ研究会より】

 グループの中では気だるそうな素振りから“ヤンチャ系”として知られるSexy Zone菊池風磨と、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを務めるなど“優等生キャラ”のイメージが強い嵐の櫻井翔。一見すると正反対の2人ですが、櫻井は事務所・慶應義塾大学ともに後輩にあたり、父・菊池常利が嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の歌詞を「J&T」名義で作詞したという接点もある菊池に縁を感じているようで、これまでもプライベートでの交流を明かしていました。

 「Myojo」2015年3月号(集英社)で対談が実現した際には、菊池が「翔くんの言葉はいつも胸に響いてます。特に仕事の現場でかけてくださる言葉は印象に残ることが多くて」と、2013年の『NHK紅白歌合戦』や昨年の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で櫻井の存在に助けられたことを明かしていましたが、Sexy Zoneが3月15日~5月28日まで開催していたコンサート『Sexy Power Tour』でも、櫻井の言動に大きく心を動かされたそうです。

 「Wink up」2015年6月号(ワニブックス)で菊池は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク