嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?

嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?

どういう歌詞をどういう音楽で歌うか、という問題がある。ポピュラー音楽の領域であれば、なおさらだ。「この内容にはこの音楽性が合う」というなんとなくの共通意識がある。フォークソングの響きには、四畳半の小さな世界がよく似合っていた。未来都市を歌うのは、やはりテクノポップだった。あるいは筆者からすると、1990年代後半からの女性R&Bの台頭は、J-POPの歌詞世界に女子会的空間を現出させた点に大きな意義があった(Crystal Kay「Girl’s Night」2001)。新しい音楽性の台頭は、新しい歌詞世界の台頭でもある。音楽の形式と歌詞内容は、無関係ではない。歌詞内容が音楽ジャンルに規定されるということがありうるし、反対に、歌詞内容が特定の音楽ジャンルを召還するということもある。そういう相互的な力学のなかで、楽曲というものは出力されているのだ(なぜ、ケータイ依存的な西野カナに対して、チャットモンチーは携帯電話を手放す(「シャングリラ」)のか!?)。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! リアルサウンドのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  2. 城島と国分の“好感度”格差
  3. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  4. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  5. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  6. 前田敦子、食事姿が「下品」と炎上
  7. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  8. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  9. 前田敦子、棒演技なのにオファー続くワケ
  10. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  11. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?
  12. 『あなたのことは~』東出はミスキャスト?
  13. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  14. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  15. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  16. 『3月のライオン』後編もトップ3圏外
  17. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  18. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  19. ジャニーズドラマが不振、春ドラマ
  20. ラルク20周年展をファンが批難

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  3. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  4. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  5. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?

カルチャーの人気記事

  1. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  2. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 孤独死まっしぐらのアラフィフ姉……「お気の毒♪」って笑ってたら、私も突然未亡人に!?
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. リアーナ、女王のコラ画像を投下し再炎上
  3. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  4. G・パルトローのサイトでセックス特集
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参