嵐は、J-POPの歌詞と音楽性の関係を更新するーー「青空の下、キミのとなり」の画期性とは?

20140214-arashi.jpg
新シングル『青空の下、キミのとなり』が好調の嵐。

【リアルサウンドより】

 どういう歌詞をどういう音楽で歌うか、という問題がある。ポピュラー音楽の領域であれば、なおさらだ。「この内容にはこの音楽性が合う」というなんとなくの共通意識がある。フォークソングの響きには、四畳半の小さな世界がよく似合っていた。未来都市を歌うのは、やはりテクノポップだった。あるいは筆者からすると、1990年代後半からの女性R&Bの台頭は、J-POPの歌詞世界に女子会的空間を現出させた点に大きな意義があった(Crystal Kay「Girl’s Night」2001)。新しい音楽性の台頭は、新しい歌詞世界の台頭でもある。音楽の形式と歌詞内容は、無関係ではない。歌詞内容が音楽ジャンルに規定されるということがありうるし、反対に、歌詞内容が特定の音楽ジャンルを召還するということもある。そういう相互的な力学のなかで、楽曲というものは出力されているのだ(なぜ、ケータイ依存的な西野カナに対して、チャットモンチーは携帯電話を手放す(「シャングリラ」)のか!?)。

 嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」には、良い意味で予想を裏切られた。というのも、「青空の下、キミのとなり」というタイトルを目にした瞬間、筆者は「きっとさわやかなロックで、背後でアコースティックギターが鳴らされている感じなのだろうな」と思っていた。宣伝文には、「人と人が繋がっていくことの大切さを実感させられる歌詞と、ポジティブなエネルギーに溢れたドラマチックな曲調」とあったので、「GReeeeNみたいな感じね、はいはい」とタカをくくっていたのだ。これは、GReeeeNに対してもたいへん失礼な話である。とにかく、自分の好みとは異なる凡庸なロック/ポップスなのだろうと思っていたのだ。しかし聴いてみると、それは少し違った。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  3. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  4. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  5. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  6. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  7. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  8. 有名犯罪者は、塀の中では“芸能人”!
  9. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  10. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  11. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  12. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  13. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  14. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  15. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  16. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  17. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  20. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  3. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  4. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ