マエアツ、悟る

前田敦子、「もう男に望まない」発言で波紋! “ボロボロにされた”男遍歴の惨況

maeatu2015.jpg
「結婚したくないけど子どもはほしい」って言いたい時期あるよ

 元AKB48の前田敦子が、24日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系・毎週日曜7時~)に出演し、過去に仕事をやめたいと思っていたこと、また自身の恋愛についても告白した。

 この日は2010年に放送された佐藤健主演のドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演した、前田、池松壮亮、高畑充希、柄本時生の4人が出演。彼らはこの4人の集いに、“ブス会”という名前をつけており、普段から親交を深めているというが、同放送でも仕事からプライベートの話まで赤裸々に語っていた。その中で前田が、過去に仕事をやめたいと思ったことを3人に相談していたと告白。池松は「それ言っていいんだ」と心配したが、前田は気にするそぶりもなく「いいんじゃない。時効でしょ? 何年前かの話だから。今はそんなんじゃないし」と軽快に話した。

 仕事の話で盛り上がる中、話題は前田の恋愛話にも発展。「もう男の人に何かを望むっていうのはしない」と話した前田に対し、池松と柄本は「ボロボロにされたの?」と過去にうわさとなった男性を想像させるような質問すると、「ボロボロにはなってないよ」と笑いながら否定。しかし「結婚願望ない! でも女性として、いつか産みたい。このままでずっとはいられないと思ってる」と真剣な面持ちで語った。

「前田は過去に俳優の山本裕典、佐藤健、そして尾上松也とうわさされています。山本に関しては、2009年放送『太陽と海の教室』(フジテレビ系)での共演がきっかけで仲が深まったといわれており、これを知った秋元康に破局させられたといわれています。山本といえば14年、大阪でキャバクラ嬢をお持ち帰りし、ベッド写真が『フライデー』(講談社)に掲載されるなど、夜遊びが激しいといわれるイケメン俳優だけに、前田が彼との交際で苦労したのも想像に難しくありません」(芸能ライター)

 前田=男運が悪いというイメージは、その後も強くなる一方だった。

「AKB48を卒業した直後である12年の9月には、泥酔&号泣しながら佐藤健に“お姫様抱っこ”される醜態を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられてしまいました。実際は交際に至っておらず、前田の片思いといわれていますが、佐藤も広末涼子との不倫疑惑がスクープされるなど、いわくつきの人物ですし、やはり前田は男運がないのかもしれませんね」(同)

 さらに現在交際中とされる尾上に関しては、年上美女との浮気が報じられたこともある。

「尾上は、ラジオ局プロデューサーの美女とタクシー車内でキスまでして、猛烈にアプローチをしていたという浮気現場が報じられました。また前田は、寒空の下、尾上のマンション前で立ち尽くしている写真を撮られ、『合鍵をもらっていないのでは?』といわれたことも。こうして前田の男性遍歴を見てみると、散々な仕打ちばかり受けている印象です」(同)

 AKB48時代は「暗い」「精神面が不安定」などといわれたことがあった前田だが、今回の放送では終始笑顔ではしゃいでおり、ネットユーザーからは「こんな前田敦子初めて見た」と驚きの声も。本人も「今が一番明るいよ」と好調ぶりをアピールしていたが、今後また男性関係のトラブルで、落ち込むようなことにならなければいいが――。

敦子は痛々しいラブに酔えるタイプ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク