[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

山下智久『アルジャーノン』、6.7%に視聴率暴落! “スマホ事件”の復帰作なるも苦境

algernon2015.jpg
『アルジャーノンに花束を』(TBS系)公式サイト

 初回11.5%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得した、山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)。前週6話は7.4%の最低値を獲っていたが、5月22日に放送された第7話は6.7%で、またしても最低記録を更新してしまった。

 山下は今作で知能が6歳児並の知的障がい者だったが、脳外科手術で天才的知能を得た主人公・白鳥咲人を熱演。物語の序盤は愛嬌のあるキャラクターを演じていたものの、手術後は自身の頭脳をひけらかすような冷徹なキャラクターに。視聴者からは「咲ちゃん、かわいくなくなった」と落胆の声も見られていた。

「天才になったことで周囲から孤立状態だった咲人でしたが、7話の最後には咲人が『まごころ』の大切さに気づき、人間性を取り戻したような場面も。また、栗山千明が演じるヒロイン・望月遥香と濃厚なキス&ベッドシーンもありましたが、『今回は展開が雑』『展開早い』といった苦情も目立ちました」(芸能ライター)

 山下といえば、昨年は関ジャニ∞・錦戸亮と元ジャニーズの赤西仁とともに“六本木スマホ強奪事件”を起こし、昨秋から春までの半年ほどは新しい仕事が入っていなかった。それだけに復帰作ともいえる『アルジャーノンに花束を』には並々ならぬ思いがあるようで、3月放送のラジオ番組『山下智久 Cross Space』(TOKYO FM)では、事件をきっかけに人生を振り返り、「人間関係の見直しを決意」したと告白。同作について「とても意味のある仕事場になると思います」と、今作にかける意気込みをのぞかせていた。

「その後の4月には、Johnny’s webの日記で、ジャニーズJr.時代の仲間である風間俊介&生田斗真と食事したことを報告。同日は“ジャニーズの大先輩方”とも合流したとつづっていましたが、山下が『TV fan』2015年7月号(共同通信社)でその会の詳細を語っていて、その先輩とは少年隊・東山紀之、TOKIO・松岡昌宏、V6・井ノ原快彦、岡本健一だったそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 視聴率は2話で7.9%にガタ落ち後、3話から8.8%、9.4%、10.8%と右肩上がりに視聴率が回復していたものの、物語が架橋に入った7話で6%台にまで転落してしまった『アルジャーノンに花束を』。山下は同誌で「何か、道標のような作品になった気がします」と語るほど精魂込めた作品だけに、その努力や覚悟が報われてほしいものだが……。

東&MABOの濃さに山Pが霞む飲み会!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク