[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

山下智久『アルジャーノン』、6.7%に視聴率暴落! “スマホ事件”の復帰作なるも苦境

algernon2015.jpg
『アルジャーノンに花束を』(TBS系)公式サイト

 初回11.5%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得した、山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)。前週6話は7.4%の最低値を獲っていたが、5月22日に放送された第7話は6.7%で、またしても最低記録を更新してしまった。

 山下は今作で知能が6歳児並の知的障がい者だったが、脳外科手術で天才的知能を得た主人公・白鳥咲人を熱演。物語の序盤は愛嬌のあるキャラクターを演じていたものの、手術後は自身の頭脳をひけらかすような冷徹なキャラクターに。視聴者からは「咲ちゃん、かわいくなくなった」と落胆の声も見られていた。

「天才になったことで周囲から孤立状態だった咲人でしたが、7話の最後には咲人が『まごころ』の大切さに気づき、人間性を取り戻したような場面も。また、栗山千明が演じるヒロイン・望月遥香と濃厚なキス&ベッドシーンもありましたが、『今回は展開が雑』『展開早い』といった苦情も目立ちました」(芸能ライター)

 山下といえば、昨年は関ジャニ∞・錦戸亮と元ジャニーズの赤西仁とともに“六本木スマホ強奪事件”を起こし、昨秋から春までの半年ほどは新しい仕事が入っていなかった。それだけに復帰作ともいえる『アルジャーノンに花束を』には並々ならぬ思いがあるようで、3月放送のラジオ番組『山下智久 Cross Space』(TOKYO FM)では、事件をきっかけに人生を振り返り、「人間関係の見直しを決意」したと告白。同作について「とても意味のある仕事場になると思います」と、今作にかける意気込みをのぞかせていた。

「その後の4月には、Johnny’s webの日記で、ジャニーズJr.時代の仲間である風間俊介&生田斗真と食事したことを報告。同日は“ジャニーズの大先輩方”とも合流したとつづっていましたが、山下が『TV fan』2015年7月号(共同通信社)でその会の詳細を語っていて、その先輩とは少年隊・東山紀之、TOKIO・松岡昌宏、V6・井ノ原快彦、岡本健一だったそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 視聴率は2話で7.9%にガタ落ち後、3話から8.8%、9.4%、10.8%と右肩上がりに視聴率が回復していたものの、物語が架橋に入った7話で6%台にまで転落してしまった『アルジャーノンに花束を』。山下は同誌で「何か、道標のような作品になった気がします」と語るほど精魂込めた作品だけに、その努力や覚悟が報われてほしいものだが……。

東&MABOの濃さに山Pが霞む飲み会!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー