いい人すぎて、周囲も応援!

テイラー・スウィフトの曲で193キロ減量した男、テイラーに会いたいという夢はかなうか!?

TaylorSwift02.jpg
ロニーと会うことで女が上がるわよ!

 体重306キロという病的な肥満に苦しんでいた男が、テイラー・スウィフトとトレーナー、友人たちに励まされながら、運動と食事制限だけで193キロの減量に見事成功し、話題を集めている。

 胃を縮小するバイパス手術に頼ることなく、驚異的な減量に成功したのは、ロニー・ブラウアーという30歳の男性。ドラッグやアルコールなど乱れた生活から過食が止まらなくなり、肥満に苦しむようになった彼をFacebookで知った、高校時代の教師ジョン・ブファノが、ジムのトレーナーに相談。2人のトレーナーがロニーの大幅減量をサポートすると約束し、減量作戦が練られるようになった。ロニーは、大好きなテイラーの曲があれば可能かもしれないとダイエットを決意。苦しいときにはテイラーの曲を聞き、テイラーの歌に励まされ、テイラーの曲に背中を押され、ダイエット開始から715日目に当たる今年5月、目標体重の113キロに到達した。

 2年あまりの大奮闘の末、健康的な体を手に入れたロニーの努力をジョンはたたえ、お祝いの意味を込めてテイラーのコンサートに連れて行くことに。良席を獲得したが、ジョンはこれだけ頑張ったロニーをテイラーと会わせてあげたいと強く思うように。テイラーの目につくよう、

を作成し、YouTubeに投稿した。

 ジョンが今月12日に投稿したその動画は、「テイラー、頼みたいことがある。2015年6月3日に開催される(オハイオ州)クリーブランドのコンサートを、ロニーにとって特別なものにしてほしいんだ。ロニーっていうのはね……」というシンプルなメッセージでスタート。続けて、ジョン自身が登場し、ロニーがテイラーの大ファンであること、1日中テイラーの音楽を聞いていること、テイラーの曲を聞きながら歯を食いしばり、人生を変えたこと、そんな彼をテイラーのコンサートに連れて行くことにしたので、「ぜひロニーにとって特別なコンサートにしてもらえないか」とカメラに向かって語りかけた。

 次に動画はテイラーの「Change」と「Shake It Off」が流れる中、ロニーの減量の道のりをドキュメンタリー風に紹介。700日前、「ドラッグ、アルコール、病的な肥満のため、彼は無職になり、家から出ることさえ不可能になってしまった」「彼の人生は制御不能……医師は『なにも変わらずにこのままでいれば、35歳まで生きられないだろう』と断言」と、ロニーが生活を変えようと決意する姿を紹介。

 太りすぎて外出できないため、まずはハンド・バイクを家に持ち込み、座りながら腕だけを動かすエクササイズからスタート。地道なダイエットの幕開けだったが、次にイスに座ったままダンベルを持ち上げるエクササイズも追加。75日目にはイスから立ったり座ったりを繰り返すことができるようになった。

 110日目には外出できるようになり、ジムでのエクササイズをスタート。大好きなテイラーの曲を聞きながらつらいエクササイズを乗り切ろうと奮闘している姿が映されている。1日目と177日目の体形ではかなりの変化が見られたが、まだまだここからが本番。ボクシングなどのハードトレーニングも取り入れ、減量開始から8カ月目には地元のテレビニュース番組で「81キロの減量に成功した、すごい男性」と紹介されるように。1日目と551日目の比較写真はまるで別人で、700日を超えた現在はふくらはぎや腕、肩が引き締まり、とても健康的な体形になった。

元イモ子のテイラーはロニーの気持ちを汲んでくれるはず!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク