今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ニコ生主・ノエル(15)の肥大化した“完璧な自分像”、その代償と社会的制裁

nikonamaseiya.jpg
せいやのほぉむぺぃじ」より

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎スーパー進化系
 ノエル15歳。折られていない全能感。「中二病」とはよく言うが、本当に中二くらいの歳だからなぁ。自分の動画を見に来る人間を「リスナー」って呼んで。あのくらいの頃、深夜ラジオごっこやったもんである。そんな歳。

 だから「実際、客来てるし」「大金出す太客もいるし」って言うんだろうけど。動画閲覧数で大儲け→その金を元にFXで大富豪→とにかく時代の寵児に、という、「SPA!」(扶桑社)っぽい野望でさぞかし薄い胸をいっぱいにさせてることだろう。「ドローンまだ規制されてませんよねッ」。うん、確かに規制はされてないよ。でも大人ってのは、社会ってのは、そういう口ゲンカでは負かせられんのだよ。理論武装は完璧なつもりが、なんかこう、通信教育で空手習ってるヘタレみたい。こう攻撃されたらこうやってこう倒す。理論上は。でも実戦ではデコピンで瞬殺だ。めっ。

 このテの人間って、これまでは「38歳・無職」くらいまで発酵しないと出来上がらなかったもんだが。やっぱアレか。ネットは優秀な酵母菌ってことなのか。盗んだバイクで走り出されるのも困るが、こんなのもホント困るよなぁ。まともにせっせと働いてたら、こんな子24時間見張れないもの。

ま、これからはネットがこの子を見張ってくれるということで。この見張りはキツいから。とにかく、本人が思い描いている画ヅラはもう実現しない。それ以外の道を、自力で行け。中二病に保険を使うな。

◎期待されないポジションの必要性
 維新の党の新代表に選出された松野頼久氏。誰だ。検索したら「耳」って出てきた。納得。まあ、そういう「なじみ薄」な感じも含めて、もう私降りるんで次お願いね~、と明らかに沈みかけてる泥船を託された感じが、AKB48・横山由依とカブって見えて仕方がない。彼女が総監督になった来年の総選挙は、もう地上波で生中継しないんじゃないだろか。WOWOWかスカパーか。それすらナシでニコ生か。ノエルの飛ばすドローンも、来年はもういない。

◎やっぱりそうだな
 「世界的レスラー、こじはる誘う」の、Yahoo!ニュースの見出しを見て「なるほど、その進路があったか」と膝を打ったのだが。「あこがれの世Ⅳ虎から『次はお前の顔をやってやる』と言われて受けて立つ」みたいな話かと思ったら全然違った。プロレス映えしそうなのにな小嶋陽菜。真っ赤な衣装で。サイドではなくリングの中で咲いてほしい。

 ま、こじはるは無理としても、AKB関係から、誰か1人は女子プロに流出しそうな予感がする。となるとやっぱりスカパーだな。何の話か。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に(情報センター出版局)、1月16日に新刊(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!