「友達になりたい」とは思えぬ態度

J.Lo、マライアのパフォーマンスをスマホ見ながらテキトーに聞き流す!

JenniferLopez04.jpg
J.Lo様はナルだから、着てきたこのドレスがどう配信されているかチェックしてたんだよね?

 ダンサーとして下積み時代を経て、テレビ女優から銀幕女優に、そして世界中でヒットを飛ばす歌手へと成長したジェニファー・ロペス。ここ数年は、45歳とは思えぬようなたるみのないナイスボディにシワひとつないシャープな顔、豊かで艶のあるロングヘアと、美熟女っぷりが話題になることも多い。今月12日には、真の成功を手に入れた歌手にしかオファーされない、ラスベガス常設公演を行うことを発表。現在、同常設公演を行っているブリトニー・スピアーズ、マライア・キャリーは外見や声の劣化が激しいため、ジェニファーの公演がスタートしたら彼女のひとり勝ちになると言われるなど、現役スター歌手として認知されている。

 数カ月前から、18歳年下の元恋人でダンサーのキャスパー・スマートと復縁。そもそも破局は新作映画のプロモーション効果を狙ったものだったというゴシップも流れているが、若さの象徴であるようなキャスパーはジェニファーの美しさを一層引き立てていると、ファンは復縁を歓迎している。

 そんな「欲しいものは全て手に入れる」「世界はアタシを中心に回っている」を地で行くジェニファーが、5月17日に開催された『ビルボード・ミュージック・アワード』にキャスパーを引き連れ、登場した。今月初めにニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催されたファッションイベント『Met Gala』で披露した深紅のスケスケドレスを超える、乳房の一部と腹部が大きく開いたスパンコールのスケスケ・ロングドレスで登場。まるで裸にシールを貼っただけのようで、レッドカーペットで待ち構えていたカメラマンたちの度肝を抜いた。しかし、彼女の真のディーヴァっぷりが発揮されたのは式典の最中、ライバルだとされるマライア・キャリーがパフォーマンスを行っている真っただ中でのことだったのだ。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は、『ビルボード・ミュージック・アワード』の翌18日、マライアが「インフィニティ」を熱唱している最中に、会場の前列に座ったジェニファーが脚を組みながらスマートフォンをいじりまくっている動画を紹介。ステージには目もくれず、スクロールしながら画像を見ている様子がバッチリと撮られている。その後、スマホを片付けたジェニファーは、ステージをチラ見して、両手を伸ばし軽く伸びをしながら隣に座っているキャスパーと談笑。うんうんと大きくうなずくなど、マライアのパフォーマンスにはまったく集中していないことが見て取れる。

 最後の方はさすがにステージを見ていたのだが、マライアが歌姫のプライドを懸け、渾身の力を込めて出した高音にも無反応。キャスパーと話しながら一緒にリズムに乗っているのだが、マライアの歌声に反応しているようには見えない。すぐ近くに座っていたテイラー・スウィフトが交際相手のカルヴィン・ハリスと一緒に感心・感激した表情で拍手を送っている姿とはあまりにも対照的で、ネット上では「この態度は、まさしくディーヴァ」だと話題になった。

 実はこの夜のマライアのパフォーマンスはすこぶる不評で、ネット上で「あまりにもひどい歌声」「森の中でビッグフットを探そうと雄叫びを上げてるみたい」「お得意の口パクにすりゃよかったのに」と叩かれていた。とはいえ、「パフォーマンスの真っ最中に、歌ってる本人から見える位置に座っているのにスマホをいじるというのは、あまりにもルール違反ではないか」という声も上がったが、「ジェニファーなんだから仕方ない」「誰も彼女を止めることなんてできないし」と、わがままで知られる彼女の態度をあきらめているようだ。

 ディーヴァ同士は仲が悪いというのはよくある話で、ジェニファーとマライアも仲が悪いとウワサされている。だが、ジェニファーは昨年受けたインタビューで、「ケンカしているとか、そんなのはない」「昔、彼女(マライア)が私のことを悪く言ってたことは知ってるわ……でも私たちは一度も会ったことないし、お互いのことをまったく知らないのよ」と説明。「マライアには、ぜひ会ってみたいわ。友達になりたい。私は彼女の大ファンだしね」と笑顔で語っていた。

 今月中旬にラスベガスの常設公演を急遽キャンセルしなければならないほどひどい気管支炎を患ったばかりのマライアは、今回のパフォーマンスで回復したことをアピールしたかったに違いない。しかし、「高音が出てない」と叩かれ、ジェニファーにはスマホの方がマシとばかりに無視され、怒り炸裂状態なのではないだろうか。今回の件についてマライアがどう反応するのか。なにはともあれ、「ぜひ、お友達に」というジェニファーの願いは、当分かなうことはなさそうだ。

「わたしはマライアの大ファンだしね」と堂々とウソつくのが好感持てるわ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー