“仕事バリバリ女子”がハマるエッチなTLコミックはコレ! 後輩と、仕事で無理やり……

 みなさん、毎日お仕事頑張ってますか? これから8月のお盆休みまでノンストップで仕事だよー、とうんざり気味の女性も多いかと思います。仕事仕事で毎日を過ごしていると、ついつい女としての楽しみも後回しになってしまうもの。でもですね! 毎日仕事を頑張っていれば、もしかしたらこんな恋のご褒美もあるかも……という女性の願望を詰め込んだTLコミックが出たんです! とりあえずマンガでそんな妄想を叶えつつ、実生活にほんの少しの希望を抱いてみてはいかがでしょうか? ということで、今回は仕事に生きる女性が主役の物語を2作品ご紹介します!

toshishita.jpg

 ブライダル関係の会社で課長を務める鞠子は、王子様を夢見る“仕事頑張ってる系”女子。ある日社長に呼び出され、社長の息子とのお見合いを持ちかけられます。絶対無理! と断ろうとするあまり、後輩の桐島に片思いしていると嘘をついてしまった鞠子ですが、なんと桐島は「恋人になる」と言い出し、鞠子に無理矢理キスをしてしまうのです。鞠子は年下の桐島のペースに巻き込まれていきますが、段々と気持ちも傾いてしまい……。

 TLコミックというより少女マンガのような、純粋なラブストーリーです。しかし、桐島も社長の息子も超イケメンで、こんな会社だったら主人公じゃなくても仕事がんばるよ……と溜め息が……。TLコミックにしては珍しく、主人公が割りと常識的な普通の子で感情移入しやすいのもポイント。キュンキュンしながらさらっと読めちゃう良作です。

miko.jpg

 結花は由緒正しき神社の娘。父親には後を継いで巫女になることを望まれていますが、結花は気乗りがしないまま。なぜかというと、この神社が専門にしている除霊は「色情霊」。パートナーとなる男性を選んでその体に霊を憑依させ、エッチをして成仏させるのが巫女のお仕事だから。結花は幼なじみの貴弘に片思いをしていて、自分の運命に彼を巻き込みたくないと悩んでいるんです。しかし、ある日誰もいない学校の教室で、結花は貴弘に無理矢理押し倒され、犯されそうになってしまいます。どうやら貴弘には「色情霊」に取り憑かれているらしく、助けるには結花が貴弘とエッチしなければいけないというのですが……。

 非常にTLコミックらしい訳のわからない設定と、エッチシーンの連続が楽しめる作品。除霊するためにエッチするってなんだよ……というツッコミはさておき、次々に起こる主人公と霊との戦いにちょっと陰陽師的なノリもあり、二次元好きにはたまらない作品なのではないでしょうか。一途なようで自分の仕事のためならほかの男ともエッチできちゃう、仕事意識の高い主人公にも注目です!

 いかがでしたか? は、ただいまコミックシーモアにて配信中。お仕事頑張れば、こんないい思いも夢じゃない……自分にそんな暗示をかけるのに、もってこいの作品です!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー